まるで絵本『ピーターラビット』の1ページ? うさぎとブルーベリー農園が“共生”する光景に絶賛の嵐

これがうさぎとブルーベリー農園の共生? 北海道美瑛町・びえいハスカップファーム公式アカウントの動画投稿が話題になっています。

うさぎブルーベリー農園の共生がTwitter上で大きな注目を集めている。

うさぎがブルーベリーをむしゃむしゃと食べている


「うさぎがブルーベリーを食べる姿を見られるのは珍しいですが実はうちの農園にとっては大変ありがたい事なのです。うさぎが食べている下の方にある果実は雨等の跳ね返りで汚れるので収穫しません。しかし放置すると腐って病害虫の影響やスズメバチが沢山きてしまうので本来なら全て収穫したいのです」

と、その模様を動画付きで紹介したのは北海道美瑛町のびえいハスカップファーム公式アカウント(@haskapfarm)。
 


衝突してしまいがちな人間と野生動物の営みだが、こういった共生関係が成立するのはなんともうれしい。公式アカウントの投稿に対し、SNSのユーザーからは、「お互いに助け合ってる感じがしてほっこりしました」「絵本に出てくるうさぎさんみたいだー!」「まるで絵本の1ページのような光景。農園と野性のウサギがうまく共存できている素敵な環境なのですね」「berry good」など数々の絶賛コメントが寄せられている。

びえいハスカップの担当者にお話を伺ってみた。
 

「これだ!」汚れた果実の処分に悩んでいた時に現れた“救世主”

野うさぎがブルーベリーを食べる様子

――ファームの近所には野生のうさぎが多数生息しているのでしょうか?

担当者:元々山奥の田舎なのでうさぎはいたのですが、キタキツネやタヌキ、アライグマなどの害獣よけにフェンスを張ってから頻繁に見るようになりました。多いときでは6匹ほど同時に確認しています。

――ファームでうさぎがブルーベリーを食べる姿を見られるようになったのはいつ頃からでしょうか?

担当者:初めてブルーベリーを食べているのを見たのは2年前です。汚れた果実をどう処分したらよいか悩んでいた時だったので「これだ!」って感じで利点に気が付きました。食べる様子はなかなか撮影できずにいたのですが、今回奇跡的に撮影に成功したのでTwitterに投稿しました。

――今回の反響へのご感想をお聞かせください。

担当者:正直、最初は怖かったです(笑)。ものすごい勢いで通知が止まらないし、フォロワーも増えるし、自分が何かしたのかと怖くなったのですが、リプライや引用ツイートを見ると皆さんとても優しいコメントをしてくれていて心が温かくなりました。

また、ピーターラビットに関するコメントが多かったのですが、正直絵本を読んでいなくて恥ずかしながらよく分かりませんでした……。今度読んでみようと思います。

最後に、うちのうさぎは野生なので厳しい環境にも耐えることができ、いろんな物を食べますが、ペットのうさぎにはまねをして大量にブルーベリーを与えないで欲しいです。与えても国産の安全な果実を少量でお願いしたいです。自分はかなりのうさぎ好きなので、その点はお願いしたいですね。

今回紹介されたこの事例がなにかより良い展開のヒントになることを願いたい。

取材協力:びえいハスカップファーム
所在地:北海道上川郡美瑛町美沢美生
公式ホームページ:https://haskapfarm.com/
Twitterアカウント:https://twitter.com/haskapfarm
 


>次ページ:びえいハスカップファームさんの投稿をもっと見る
 


【おすすめ記事】
「オレタチワァ小鳥ダッ!」インコのかわいすぎる発言に11万超の反響! 飼い主に取材したら他にも言葉が続々
これがホントの「蚊帳の外」? 慣用句を体現した、心臓外科医のツイートが侘しくも笑えると話題にww
「24時間チーズが伸び伸び」とろ〜りピザ刺繍の振り子時計に23万超の反響! 取材で“実は暴れピザ”と判明
「テンション上がる」「めっちゃ分かる」夏を感じるジオラマに14万超のいいね! 超小さいネコチャンも自作らしい

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在