中川翔子、父親との幼少期ショット公開! 「お父さんカッコイイ人でしたな」「わ~!メチャ可愛い!」

タレントの中川翔子さんは6月15日、自身のTwitterを更新。幼少期ショットを公開しました。コメントでは「めちゃくちゃ素敵な写真」と、称賛の声が多数上がっています。(サムネイル画像出典:中川翔子さん公式Twitterより)

タレントの中川翔子さんは6月15日、自身のTwitterを更新。幼少期ショットを公開しました。

【実際の投稿:中川翔子、かわいい幼少期を公開!】
 

「凄く良い写真ですね」

翔子さんは「亡くなってからこんなに時間がたっても父のあたらしい発見があったり、あらたに知ってくださる方もいたり不思議です」とつづり、写真を1枚載せています。翔子さんと今は亡き父・中川勝彦さんのツーショットです。勝彦さんは後ろから翔子さんを優しく見つめていて、愛が伝わってきます。また、幼少期の翔子さんはとてもかわいらしいです。

コメントでは、「凄く良い写真ですね」「存在は死なない、この言葉に涙が出ました」「ほんと、お父さんカッコイイ人でしたな」「めちゃくちゃ素敵な写真 しょこたん3歳だー」「わ~!メチャ可愛い!」など、さまざまな声が上がっています。
 

過去にもツーショットを披露

中川さんは5月26日にも勝彦さんとのツーショットを公開していました。今回の写真よりも鮮明にアップで2人が写っていて、本当にすてきな笑顔を見せています。今後も昔の親子ショットを楽しみにしたいですね!

 



>次ページ:幼少期ショットをもっと見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在