『教場0』第10話 部下殉死……最期の言葉に無言で号泣するキムタクに鳥肌「辛すぎ」「あんな風間さんは初めて見た」

6月12日に放送されたドラマ『風間公親 教場0』(フジテレビ系)第10話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:フジテレビ『風間公親 教場0』公式サイト)。

木村拓哉さん主演のドラマ『風間公親 居城0』(フジテレビ系)。6月12日に放送された第10話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに最終話の見どころを紹介します。

 

教場0
画像出典:フジテレビ系『風間公親 教場0』公式サイト​​​​​​

 

第10話のあらすじ

新人刑事・中込兼児(染谷将太)は指導官・風間公親(木村拓哉)とともに、変死体が発見された住宅街の一軒家に臨場。死亡したのは住人の仁谷清香(竹下景子)、第一発見者は22歳年下の夫でデザイナーの継秀(岡田義徳)。清香は1年前から認知症を患っていたと聞き、妻の明子(大西礼芳)に任せきりにしている認知症の母(余貴美子)を思い出す中込。
 

継秀は印刷会社勤務の田瀬葵(中村ゆりか)と食事をしながらの打合せから帰宅すると、キッチンから変な匂いがしており妻が死んでいるのに気づいたと言います。風間と中込は葵に会いに行き、継秀がいつもとは違いコース料理を注文したという証言を入手。さらに調べを進めると、継秀が葵と深い仲にあることが判明します。
 

清香を殺した犯人は夫・継秀であるとにらみ、証拠を探って捜査が進む中込。家に帰ると認知症の母、介護に疲弊する妻の対応に追われます。明子によると、母は毎週木曜日に決まって繁華街の広場へ徘徊するとのこと。その場所は、中込が幼い頃に誘拐された際、身代金を持って犯人に会いに行った場所でした。
 

物忘れが激しくとも、大きな出来事はしっかりと記憶に残っている。それをヒントに犯行の証拠をあげた中込は、継秀を仕留めにかかります。清香の認知症の症状を利用した犯行を指摘するため、母の徘徊を例に語る中込。風間に誘導され、「その時の恐怖のようなものが気持ちの底に重荷のように残ってる」と自身の心の内を吐露。さらに清香が死の間際、継秀が罪に問われないよう細工をしていた事実を語ると、継秀は泣き崩れ罪を認めるのでした。
 

一方、入院中の遠野章宏(北村匠海)の容体が悪化。事件を片付けた足で風間が病院へ向かうも、遠野はすでに息を引き取っていました。最期に一瞬だけ意識を取り戻した遠野は、「僕は刑事になれませんか?」と話したと聞いた風間。剣道場で1人、一心不乱に木刀を打ち込みながら遠野との記憶をたぐり、涙をたむけるのでした。

 

教場0
画像出典:フジテレビ系『風間公親 教場0』公式サイト

 

中込の未来と遠野の最期……涙の振れ幅がえぐい

「ずるいですよ、犯人を前にして俺のカウンセリングなんか」と言いつつも、気持ちを言葉にしたことで、これからは感情をコントロールできるとすっきりした顔を見せた中込。風間は、被害者の経験がある中込に「犯人を許さないという気持ちは誰よりも強い、それを事件だけに向けろ」と言葉をかけ、無事に風間道場での指導は修了。中込は母への接し方にも変化があり、おだやかな未来へ進む兆しが見られました。
 

一方、視聴者から復帰を待ち望まれていた遠野刑事の悲しい最期には、「皆に愛されてた遠野刑事…一度目を覚ましたのに何で!」「辛すぎて号泣。活躍する姿もっと見たかった」「風間さんの涙にやられた」「歯を食いしばり怒りの形相で竹刀を振り涙を流す…あんな風間さんは初めて見た。あまりに切ない」「『僕は刑事になれませんか…?』自分に向けられた言葉が最期の一言だと聞かされて、どこまでも色んな感情が溢れ出てくるんだろうな」などのコメントが寄せられています。
 

次週はいよいよ最終回。盲目の教授・清家総一郎(北王子欣也)邸で義理の息子が殺害される事件が発生。遺体の背中には千枚通しが刺さっており、風間と遠野を襲って逃亡中の被疑者・十崎波瑠(森山未來)によるものと思われる中、風間はかつての教え子・隼田聖子(新垣結衣)とともに現場へ。遠野の弔い合戦と一同が勇む中、風間は冷静に隼田を制し――。一筋縄ではいかない事件の真相解明。物語がどのような結末を迎えるのか目が離せません。

 

『風間公親 教場0』第11話(最終回) 6月19日放送予告


 

『風間公親 教場0』あらすじ&見どころ記事バックナンバー

『教場0』第9話 染谷将太が見つけたまさかの証拠にツッコミ殺到 「もはやコメディ」「ポカ~ン」の声
『教場0』第8話 “路子”白石麻衣の口癖をまねる“風間”木村拓哉に驚きの声「愛がある」「態度が柔らかい」
『教場0』第7話 白石麻衣「どうも好きになれない女」演技が秀逸! 滝本美織の「狂ってる舞台女優感」にも絶賛の声
『教場0』第6話 風間の右目を刺した犯人役の“あの俳優”が話題に! 「え、森山未來?」「気になる」
『教場0』第5話 右目義眼の“悲劇”へ向けて数々の伏線? 「目を背けずに見届けたい」の声
『教場0』第4話 妊婦の殺人&孤立出産シーンにツッコミ殺到「設定に無理ある」「めるる演技上手」の声
『教場0』第3話 次週予告で新垣結衣「弱音を吐いてもいいですか」が話題に
『教場0』第2話 赤楚衛二、風間道場を無事卒業&ガッキーへバトンタッチ! 今後の展開に期待
『教場0』第1話 トレンド1位で好発進! 鬼指導官キムタク&豪華キャストに「期待どおり」「風格やばい」の声

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在