「子育てに積極的に参加していると思うパパサッカー選手」ランキング! 2位は「大久保嘉人」、1位は?

All About ニュース編集部は、全国398人を対象に「パパサッカー選手」に関するアンケート調査を実施。多くの回答者が「子育てに積極的に参加していると思う」と答えたパパサッカー選手は?(サムネイル画像出典:大久保嘉人さんの公式Instagram)

All About ニュース編集部が、全国398人を対象に実施した「パパサッカー選手」に関するアンケート調査の中から、「子育てに積極的に参加していると思うパパサッカー選手」ランキングの結果を発表します。


>9位までの全ランキング結果を見る

 

第2位:大久保嘉人


2位にランクインしたのは、元日本代表FWの大久保嘉人さんでした。

大久保さんは、2001年にセレッソ大阪でプロデビュー。その後、RCDマヨルカなど海外や日本のクラブチームに複数の移籍を重ね、2021年に現役を引退しました。

現役時代には、史上初の3年連続Jリーグ得点王や、J1通算最多得点記録保持者などの記録を残しています。現在は、サッカー解説やスポーツコメンテーター、タレント活動などマルチに活躍中。

私生活では、4人の息子のパパとしても知られています。テレビをはじめ、雑誌・新聞などのインタビューでも子育てについてのエピソードを語ったり、SNSにもたびたびお子さんとの写真を投稿したりするなど、良き父としてのイメージが強い大久保さん。現役Jリーガーとして活動していた2021年には、ワンオペで家事も育児もこなす“主夫”としての面を明かした書籍も発売しています。

回答者からは、「大阪で息子1人とともに生活し、選手として活躍しながら弁当作りや洗濯などをこなしていたから。インスタグラムでも家族の動画を積極的に発信している」(東京都・30代男性)、「お子様がメディアに出演したのを見ると、お父さんへの尊敬が感じられたので、子育てに携わってたと感じた」(宮崎県・30代男性)などの声が上がりました。
 

第1位:長友佑都


1位に輝いたのは、FC東京所属の長友佑都選手でした!

長友選手は、大学在学中にFC東京と契約を結び、プロデビュー。その後、インテル・ミラノやトルコのガラタサライSKなどへの移籍を経て、2021年から古巣のFC東京でプレーしています。

4大会連続で日本代表に選出されたカタールW杯では全4試合にスタメン出場し、歴代W杯日本代表最多の通算15試合出場する偉業も達成しました。

私生活では、2016年にタレントの平愛梨さんと結婚。2023年4月には第4子が産まれたことを報告しており、現在4人の男の子のパパとしても奮闘しています。

そんな長友選手は、自身のSNSでたびたび子どもたちとのショットを投稿しているほか、妻の平さんもSNSで長友選手との子育てエピソードを報告するなど、積極的に育児に参加している様子がうかがえます。

回答者からは、「番組などで、よく子供のためにという話を目にする機会が多いので、子育てに積極的だなと思うからです」(神奈川県・30代男性)、「SNSで奥さんの平愛梨さんが長友さんの子育てしてる姿を投稿しているため」(静岡県・30代女性)といった声が聞かれました。

※回答者コメントは原文ママです


>9位までの全ランキング結果を見る


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化