Z世代が選ぶ「上半期に流行ったコト/モノ」ランキング! 2位「推しの子」、1位は?【2023年】

Z総研は、Z世代を対象に調査した「2023年上半期トレンドランキング」を発表しました。今回はその中から、Z世代が選ぶ「2023年上半期に流行ったコト/モノ」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『【推しの子】』公式YouTubeチャンネル)

2023年も早いもので、もう半分が過ぎようとしています。トレンドを次々とキャッチするZ世代の若者たちが、今ハマっているコトやモノは何でしょうか。
 

Z総研は5月8~14日、Z世代女子を中心としたZ総研独自のコミュニティメンバーを対象にアンケート調査を実施。「Z総研2023年上半期トレンドランキング」を発表しました。本記事ではその中から、Z世代が選ぶ「2023年上半期に流行ったコト/モノ」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

第2位:【推しの子】


2位には『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』で知られる赤坂アカ氏原作、横槍メンゴ氏作画の『【推しの子】』がランクイン。本作は2020年より『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中、さらにWebコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)でも連載されています。
 

ストーリーは産婦人科医・ゴローのもとに、彼の推しであるアイドル・星野アイが現れることで始まります。彼女は双子を妊娠しており、出産を希望していました。ゴローはアイの出産を応援しますが、アイのストーカーによって殺されてしまいます。アイのもとに生まれた双子・星野愛久愛海(アクア)と星野瑠美衣(ルビー)は、ゴローとゴローの元患者だったさりなの生まれ変わりでした。アクアは母が殺害されたことへの復讐を誓い、ルビーは母のようなアイドルを目指すことになります。
 

「TikTokで踊ってみたや歌ってみたの動画をよく見かけてたので納得」(19歳/専門学校2年生/宮城県)、「1番ハマってて好きなアニメです!泣けます」(17歳/高校3年生/群馬県)などの回答が寄せられました。

 

第1位:ちいかわ


1位に選ばれたのは、かわいくて個性的なキャラクターが人気の【なんか小さくてかわいいやつ】略して「ちいかわ」でした。こちらはイラストレーターのナガノさんが描く漫画作品。もともとは「こういう風になってくらしたい」という説明とともにTwitterで紹介されたキャラクターでした。
 

現在では、朝のニュース番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)内でアニメが放送されています。主人公のちいかわは、「ワッ」「ヤーッ!」「フッ」のように短い言葉しか喋らない不思議でかわいい生き物。言葉を喋る友達のハチワレやうさぎと共に、いろいろなことにチャレンジし、泣いたり笑ったり。ほのぼのとした雰囲気の中に、ちょっと毒のある大人のファンタジーです。
 

回答理由に「どこにいってもちいかわグッズが売っていてつい買っちゃう!」(N.D.Promotion所属:福田一華)、「TikTokにも沢山流れてきた!私もいつの間にかハマっていたかわいい!」(18歳/高校3年生/千葉県)など声が聞かれました。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない