Z世代が選ぶ「上半期に流行ったアーティスト」ランキング! 2位「優里」、1位は?【2023年】

Z総研は、Z世代を対象に調査した「2023年上半期トレンドランキング」を発表しました。今回はその中から、Z世代が選ぶ「2023年上半期に流行ったアーティスト」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:優里さんの公式Instagram)

昨今、アーティストにとっての活動の場はテレビやライブだけでなく、インターネットも大きな存在となりました。作品の発表の場もYouTubeやSNSなどが加わり、ファンとアーティストの距離もより身近になりました。
 

Z総研は5月8~14日、Z世代女子を中心としたZ総研独自のコミュニティメンバーを対象にアンケート調査を実施。「Z総研2023年上半期トレンドランキング」を発表しました。本記事ではその中から、Z世代が選ぶ「2023年上半期に流行ったアーティスト」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

第2位:優里


2位にランクインしたのは、男性シンガーソングライターの優里さんでした。

実は優里さん、もともとは4人組ロックバンド「THE BUGZY」のボーカルとして活動していたのだとか。バンドが解散してしまったのを機に、東京を中心に路上ライブ活動を開始。インディーズなどで徐々に人気を伸ばし、2021年に『ドライフラワー』が大ヒット。翌年の2022年公開の『ベテルギウス』も瞬く間にヒットし、アーティストとしてさらに飛躍。その名をますます広めました。
 

公式YouTubeチャンネル「優里ちゃんねる」も好評で、他のアーティストの名曲をカバーしたり、ドッキリやカラオケ対決など、さまざまな企画でファンを飽きさせません。
 

回答では「いい歌詞ばっかり!」(18歳/専門学校1年生/静岡県)、「生歌がうますぎてびっくり、、」(15歳/高校1年生/東京都)などの声が寄せられました。

 

第1位:YOASOBI


1位に選ばれたのは、今やトップアーティストの仲間入りをした音楽ユニット「YOASOBI」でした。
 

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraで構成され、2019年に星野舞夜の小説『タナトスの誘惑』を原作とした曲『夜に駆ける』でデビュー。ミュージックビデオも公開され、翌年の2020年にはYouTubeでの再生回数が1億回を突破。YOASOBIの代表曲となります。この年のNHK紅白歌合戦に初出場し、メディアでは初めて同曲を歌唱しました。
 

その後も「怪物」「群青」「三原色」など、次々にヒット曲をリリース。瞬く間に一流アーティストの仲間入りを果たしました。2023年は、4月12日に配信リリースしたテレビアニメ『【推しの子】』オープニング主題歌『アイドル』が、Billboard JAPANチャートにおけるストリーミングの累計再生回数で2億回を突破する大ヒットとなっています。
 

Ayaseさんはボーカロイドプロデューサーとしても活躍しているクリエイター。キャッチーで人々の胸にささる曲を生み出す天才と評されています。そこにボーカル・ikuraさんのずば抜けた歌唱力と独特な声がマッチしていて、ネット中心の現代の若者たちから多くの支持を得ています。
 

選んだ理由に「歌唱力がすごすぎる!かわいい!」(N.D.Promotion所属:福田一華)、「バズる歌を作る天才です!」(19歳/専門学校2年生/宮城県)などの意見が寄せられました。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化