好きな「20代のアスリート」ランキング! 2位「羽生結弦」を抑えた1位は?

All About編集部は、全国10~60代の450人を対象に「20代アスリート」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「好きな(応援している、注目している)20代のアスリート」ランキングを紹介します。(サムネイル写真:AP/アフロ)

大谷翔平選手(写真:AP/アフロ)
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)やFIFAワールドカップで日本が大いに活躍し、スポーツ界が盛り上がった昨今。国内外で活躍する若手選手に注目が集まっています。

All About編集部は5月18日~6月1日、全国10~60代の450人を対象に「20代のアスリート/プロスポーツ選手」に関する独自のアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「好きな(応援している、注目している)20代アスリート」ランキングを紹介します。※調査時点での年齢
 
>15位までのランキング結果
 

第2位:羽生結弦(フィギュアスケート)(1994年生まれ)53票

第2位には、元フィギュアスケート選手の羽生結弦さんがランクイン。

羽生さんは、2014年開催のソチ五輪で個人金メダルを獲得。2018年の平昌五輪でも男子シングルで金メダルに輝き、五輪連覇の快挙を達成。2022年には競技活動を引退し、現在はプロスケーターとして活動しています。

回答者からは、「圧倒的な存在感とオーラがあるから(40代女性)」「努力家で謙虚で、演技が唯一無二の美しさだから(20代女性)」「美しく強い唯一無二のフィギュアスケーターだと思うから(30代女性)」「選手として人間として素敵だからです(40代女性)」などの声が寄せられました。
 

第1位:大谷翔平(野球)(1994年生まれ)275票

第1位は、メジャーリーガーの大谷翔平選手が選ばれました。現在ロサンゼルス・エンゼルスでプレーする大谷選手は、投手と打者の二刀流で大活躍。2023年のWBCで侍ジャパンの優勝に貢献した姿も記憶に新しいです。

また日本時間6月13日のテキサス・レンジャース戦で19、20号の本塁打(ホームラン)を放ち、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)を抜いて、ア・リーグの本塁打王(ホームラン王)争いでトップに。同15日には21号本塁打を放ちました。2023年の本塁打王となることへも期待が高まっています。

今回のアンケートでは、幅広い層から以下のようなコメントが集まりました。

「WBCとか、メジャーリーグを見て実力もずば抜けてると思ったし、人間性もものすごく良いと思ったから(10代女性)」

「WBCを見て感動した、とにかくすごい(20代女性)」

「WBCでの活躍で日本野球界のレジェンドになったと思う(30代女性)」

「メジャーリーグで二刀流で活躍しているため(40代男性)」

「2023年のWBCベースボールの金メダルを獲得は、大谷選手の活躍があったからだと思うから(40代男性)」


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:15位までのランキング結果
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化