「逝去」とは? 正しい読み方や「死去」「死亡」との違いや類語、例文を現役アナウンサーが解説

人が亡くなったことを表す言葉には「逝去」「死去」「死亡」などがあり、場面に合わせて使い分けられています。今回は、「逝去」「死去」「死亡」の意味や違いについて、現役アナウンサーが解説します。

「逝去」とは? 正しい読み方や「死去」「死亡」との違い
「逝去」とは? 正しい読み方や「死去」「死亡」との違い
日本語には、同じ事柄を表す場合でも、ニュアンスの異なる言葉が存在します。

人が亡くなったことを表す言葉でも、「亡くなる」のほかに「逝去」「死去」「死亡」などがあり、場面に合わせて使い分けられています。

今回は「逝去」「死去」「死亡」の違いや意味、読み方について、アナウンサーの笠井美穂が解説します。  

<目次>
「逝去」の意味と読み方
「死去」「死亡」の意味
「逝去」「死去」「死亡」の意味の違い
「逝去」「死去」「死亡」の使い分け
「逝去」の類語・言い換え表現
「逝去」「死去」「死亡」は場面に合わせた表現を
 

「逝去」の意味と読み方

逝去とは、他人を敬って、その人が亡くなることや死ぬことを意味します。「死ぬ」ことを直接的にではなく、婉曲に表す「逝」に「去(る)」という字を合わせているのです。

読み方は「せいきょ」で、敬意を持って人の訃報を伝えるときに使われる言葉です。

「逝去」と「死去」「死亡」違い

「死去」とは、人が亡くなることを表す言葉であり、特に公式な文書や報道で使用されることが多いです。

一方、「死亡」とは、一般的な言葉であり、人や動物が死んだ状態を指します。「死去」はより形式的な表現であり、特定の場面で使用されることが多いと言えます。


違いのポイントとなるのは、「直接的な表現」「間接的な表現」かです。

『日本語 語感の辞典』でも説明されている通り、最も客観的に直接的な表現で伝えるのは、「死」に「亡(くなる)」という字を合わせた「死亡」です。

そして、「死」という字を用いない「逝去」は3つの中では最も間接的な表現で、直接「死」と言わずに訃報を伝えます。はっきりと「死」と言わず、故人への敬意を表すことができる尊敬語です。

「死去」は「死」という字を用いる点では直接的な表現ですが、「死亡」と比べると「亡」の字ではなく、「(この世を)去(る)」という字を用いる点で、やや気持ちを込めた表現と言えそうです。

「逝去」「死去」「死亡」の使い分けと例文

それぞれの言葉は具体的にどのように使い分ければよいのでしょうか。
 
■逝去
「逝去」は尊敬語で、亡くなった人への敬意を表します。身内以外の訃報を伝える場合や、弔辞などで用いられます。

【例文】
 ・ご尊父のご逝去を、心よりお悔やみ申し上げます。
 ・先生が逝去された。

「逝去」は尊敬語なので「ご逝去」や「逝去された」は二重敬語となりますが、人の死をより丁重に扱う場面ために慣用的に使われることもあります。

■死去
「死去」は、客観性のある、あらたまった表現なので、訃報を公に知らせる際などに用いられます。

ニュースで有名人の訃報を伝える場合、テレビの字幕や見出しのほか、新聞など文字媒体の本文では「死去」が用いられます。テレビやラジオの原稿では、より話し言葉に近い「亡くなりました」という表現が用いられます。

【例文】
 ・この度、父が死去しました。
 ・政界の大物議員が死去した。
 
■死亡
「死亡」は、最も客観的に事実を伝える表現です。事件・事故などで死者が出た場合のニュースでは「死亡」が用いられます。
また「死亡届」や「死亡診断書」など、事務的な用語や複合語としても用いられます。

【例文】
 ・この火事で、3人の死亡が確認された。
 ・遺族に死亡一時金が支払われた。

「逝去」の類語・言い換え表現

逝去の類語には、以下のような表現が挙げられます。

 ・亡くなる
 ・永眠
 ・他界
 ・息を引き取る
 ・急逝(きゅうせい)
 ・昇天
 ・身罷る(みまかる)
 ・急逝

「逝去」「死去」「死亡」は場面に合わせた表現を

人の死というのは、残された人にとって大きな喪失感や悲しみをもたらすものです。

その気持ちを丁寧に扱い、傷つけないためにも、死を伝える言葉にはさまざまな表現があるのかもしれません。

この機会に「逝去」「死去」「死亡」をはじめ、死を表す日本語の意味をあらためて確認し、その場にあった適切な言葉を使えるようになりたいものです。


■執筆者プロフィール

笠井 美穂(かさい みほ)
福岡県出身。九州大学文学部を卒業後、KYT鹿児島讀賣テレビに入社。退社後は、報道番組を中心にフリーアナウンサーとして活動。これまでの出演は、NHK北九州放送局『ニュースブリッジ北九州』、NHK BS1『BSニュース』、NHK Eテレ『手話ニュース』、NHK ラジオ第1『NHKきょうのニュース』『ラジオニュース』など。

Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    東京は“日本一貧しい”街。それでも地元に帰らず「家賃9万円」のために働く元タレント・32歳女性の今

  • 世界を知れば日本が見える

    トラブル続きの「ブッキングドットコム」。大規模クレカ被害はなぜ起きた? 利用者ができる「対策」とは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    グリーン車の利用価値は上がる? 東海道新幹線で「モバイルオーダーサービス」を使ってみた

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『翔んで埼玉』続編はなぜこんなに笑えるのか。埼玉県民、滋賀県民の熱狂を生んだ「発明」とは