「ママ友になりたいママアナウンサー」ランキング! 2位「高島彩」、1位は運動が苦手であんこが大好きな……?

毎日のようにテレビで見るアナウンサーの中にも、仕事と育児を両立するママアナウンサーがたくさんいます。今回は「ママ友になりたいママアナウンサー」を調査。その結果をランキングでご紹介します。(サムネイル画像出典:高島彩さんの公式Instagramより)

高島彩さん ※画像出典:高島彩さんの公式Instagramより(@aya.takashima_official_2021

All About編集部は全国10~60代の313人を対象に「ママアナウンサー」に関するアンケート調査を実施しました。この記事では、「ママ友になりたいママアナウンサー」ランキングを発表します。(調査期間:2023年4月24日~5月23日)


>10位までのランキング結果を見る
 

2位:高島彩

2位にランクインしたのは、高島彩さんでした。高島さんは、1979年生まれの東京都出身です。高島さんは2001年にフジテレビ入社後、“アヤパン”という愛称で『めざましテレビ』『平成教育委員会』(共にフジテレビ系)などの人気番組で活躍しました。

2010年に退社後、「ゆず」の北川悠仁さんと結婚。現在は2児のママとして、そしてアナウンサーとしてますます活躍されています。Instagramでは、お仕事報告の投稿の合間に、お子さんとのほっこりとするやりとりやエピソードが投稿されており、仕事をしつつ子どもとの時間を大切にされていることが伝わってきます。

回答者からは「明るくて素敵な笑顔が見ていて気持ちいい」(北海道/50代女性)、「サバサバしていて、仕事と家庭のバランスが上手く取れているイメージ」(神奈川県/30代女性)といった声が上がっています。
 

1位:川田裕美

1位にランクインしたのは、川田裕美さんでした! 川田さんは1983年生まれの大阪府出身です。川田さんは2006年に読売テレビに入社し、アナウンサーとしてさまざまな番組に出演しました。

2015年にフリーアナウンサーとなってからは、全国で活躍。さらには「無類のあんこ好き」という自身の強みを生かして書籍を出版するなど、新たな分野でも注目されています。私生活では、2019年に音楽関係者の男性と結婚。2020年、2022年にお子さんが誕生しています。

自身のYouTubeでは妊娠・出産時の使用アイテムや過ごし方を発信したり、SNSでお子さんとの様子を投稿するなど、人気アナウンサーながらママとしても充実した日々を過ごされていることが分かります。

回答者からは「可愛らしい雰囲気を残しつつ、いつまでも清楚で素敵な雰囲気だからです」(東京都/40代女性)、「某バラエティ番組の運動が苦手な人の特集で見た時に好きになりました」(千葉県/20代女性)といった声が上がっています。


※回答者のコメントは原文ママです


>10位までのランキング結果を見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた