社会人が選ぶ「1度は働いてみたい業界」ランキング! 2位 「官公庁・公社・団体」、1位は?

ACILは、20代以上の社会人100人を対象に「1度は働いてみたい業界」というテーマでアンケートを実施しました。ランキングの2位は「官公庁・公社・団体」、1位は?

ACILが運営するメディア「ポジサラ」は、20代以上の社会人100人を対象に「1度は働いてみたい業界」というテーマでアンケートを実施しました。調査日は、5月25日です。

>次ページ:8位までのランキング結果
 

第2位:官公庁・公社・団体

第2位は「官公庁・公社・団体」でした。回答者からは「なんとなく一般的な仕事ではなく、特別な仕事をしているという感じがするので(40代男性)」「狭き門でそこで働いているとカッコいいイメージがあるから(20代女性)」などのコメントが寄せられていました。

官公庁・公社・団体は公益を追求する職場として、特別感やエリート感があると考える人が多いようです。堅実なキャリアが期待でき、非日常的な業務に携わる機会が多いことも魅力となるでしょう。一般のビジネスとは異なる視点やアプローチが求められ、業務内容が多岐にわたるケースも多く見られます。
 

第1位:広告・出版・マスコミ

第1位は「広告・出版・マスコミ」でした。回答者からは「激務と言われている業界ですが、人の目に触れるのがどういった経緯でどんな風に物になるのか見てみたい(30代女性)」「マスコミ関係者として、刺激的なニュース記事を手にした感覚を味わってみたいから(30代男性)」などの声が寄せられていました。

クリエイティブな才能や情報感度、広報スキルを生かせる場であり、多くの人に影響を与えるチャンスがあるため、挑戦してみたいと考える人が多いのでしょう。激務とされる一方で、その裏側にある創造的なプロセスや刺激的な情報に接する機会が、多くの人にとって魅力となっているようです。


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:8位までのランキング結果


【おすすめ記事】
2万人の24卒に聞いた「マスコミの就職ブランド」ランキング 2位 ソニーミュージックグループ、1位は?
Q. 結局、「早慶」ってだけで就職は有利なのですか?【就活Q&A】
「高学歴ほど高収入」という現実を、新卒ビジネスパーソンこそが肝に銘じるべき理由
2024年卒・2025年卒に聞いた、「面接では言わないけれど、実は就活で重視していること」

【関連リンク】
プレスリリース
ポジサラ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない