犬の名前ランキング2023! 3位「モカ」、2位「ココ」、1位は2022年と同じ和風な名前

コロナ禍を経て、さらに高まっているペット需要。大切な家族だからこそ、名付けにも力が入る人が多いよう。今回は2023年に付けられた「犬の名前」ランキングを紹介! 1位に選ばれた名前とは?

人気の犬の名前は?(※画像はイメージ)

アイペット損害保険が、2022年4月1日~2023年3月31日の間に保険に新規加入した0歳の犬を対象に、名前の調査を実施しました。


>10位までのランキング結果を見る

 

2文字ネームが人気! ベスト3は不動のラインアップ

ベスト3は、2022年と同様「むぎ」「ココ」「モカ」がランクイン。「むぎ」はこれで3連覇達成となり、犬の王道ネームとしてかなり浸透してきているようです。和風でかわいらしい響きですね。

また、「モカ」や「むぎ」のほか、5位にランクインしている「ラテ」など、犬の毛の色に応じて名前を付けるのが人気のよう。呼びやすい2文字ネームも人気要素なのかもしれません。
 

男の子の1位は、響きが格好いい名前

男の子に人気の名前は、順位の変動はありつつも2022年と同じ顔ぶれに。1位の「レオ」は、英語圏では「ライオン」という意味のある名前であり、かわいさの中にもたくましさが含まれています。

2位、3位のほか、4位以下の名前には食べ物にちなんだものが多く、茶色のかわいらしい犬が思い浮かびます。
 

女の子1位は、2文字の響きがかわいい名前

女の子では、「ココ」という名前が1位になりました。ココナツやココアなど、甘い食べ物を連想させる愛らしい響きですね。

また、9位、10位には「ベル」「ルル」という名前が初ランクイン。こちらも響きがよく、誰でも呼びやすいのがポイントのようです。
 

犬種別では、1位は全て食べ物にまつわる名前に!

ペットとして人気の4種類の犬種ごとにランキングを見てみると、1位はおおむね食べ物に関連した名前に。かわいく呼びやすいものばかりですね。

いずれも毛の色に由来していると思われる名前が多く、犬種と合わせるとその犬の姿が思い浮かびます。そんな中でも柴犬は「まめ」「はな」など、古風な名前がベスト5にランクイン。犬種ごとに名付けの傾向も異なるようです。


毎日のように呼ぶ名前だからこそ、大事にこだわってあげたいのは人も犬も一緒。これからペットを迎えようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


>10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
猫の名前ランキング2023! 3位「レオ」、2位「むぎ」、1位は昨年2位だった食べ物の名前
ペットに付けられたキラキラネーム! 女神はデア、格格はガガ、「天帝」は何て読む?
ペットに付けられたキラキラネーム! 日心和はニコリ、暖心はダンロ、「籠」は何て読む?
「保護猫」を里親で迎えるときにかかる費用をお金のプロが解説! ペット保険は入るべき?


【関連記事】
アイペット損害保険
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」