「保護猫」を里親で迎えるときにかかる費用をお金のプロが解説! ペット保険は入るべき?

猫のかわいらしさ、しぐさの愛らしさは格別ですよね。最近では猫を自宅に迎える選択肢として「保護猫」の里親になる人が増えてきました。今回は、保護猫を家に迎えるときの条件や注意点、かかる費用、ペット保険に入るべきかどうかを詳しく解説します。

2023年2月、筆者宅にやってきた保護猫「ゆかり」です

猫のかわいらしさ、しぐさの愛らしさは格別です。また猫は散歩がいらない、室内で飼えるなどの手軽さもあり、自宅に迎える人が増えています。
 

猫を飼うには、誰かからもらう、ペットショップで買う、ブリーダーから譲り受ける、野良猫を拾うなどがありますが、最近では「保護猫」の里親になる人も増えてきました。今回は30年猫と暮らし、老猫(高齢猫)の世話について情報発信しているファイナンシャル・プランナー(FP)の筆者が、保護猫を自宅に迎えるときの条件や注意点、かかる費用、ペット保険に入るべきかどうかを詳しく解説します。
 

「保護猫」「里親」とは?

保護猫とは、動物愛護センター、民間の動物愛護団体などに引き取り保護されている、もともとの飼い主がいたけど何らかの事情で手放された猫、地域に住んでいる野良猫などのことをいいます。また、保護猫を家族として迎え、一緒に暮らしてくれる人を里親と呼びます。
 

保護猫を迎えて里親になるための条件

保護猫の里親になるには、保護猫団体が決めた以下のような条件を満たす必要があります。
 

【一般的な里親の条件】
・猫を飼える家に住んでいる(持ち家、ペット可物件など)
・完全室内飼育ができる
・飼育にかかる費用を捻出できる
・家族の同意を得られている
・最後まで責任を持って飼うことができる
・必要に応じ動物病院での治療を受けさせることができる
・かかりつけの動物病院を見つけ、必要な治療や予防を受けさせる
 

これらは、猫を飼うための基本的な条件といえます。保護猫団体の個々の考え方により、さらに、次のような条件が提示される場合もあります。

「このお家にやっと慣れたわ」


【保護猫団体ごとに異なるが提示される条件】
・子猫の場合、2匹以上もらってくれる
・単身者あるいは高齢者の場合、万が一のときに猫を引き取る保証人がいる
・子猫を入れておくケージ(上下運動できる2階建て以上のもの)を準備する
・留守にする時間が短い
・赤ちゃんや小さな子どもがいない
 

保護猫を譲渡してもらう手順と注意点

筆者宅の先住猫「まるこ」12歳。新入り猫ゆかりは苦手

実際に保護猫を譲渡してもらうには、まず猫の里親になりたいと希望を出し、その後、譲渡会で条件をクリアしているかどうかの面談&審査や適正な飼い方の説明があります。大丈夫と判断されれば、書面などの手続きを経て、譲渡という運びになります。
 

このとき、60歳以上の高齢で単身者の人などは、里親に適しているかの判断が厳しい場合があります。というのは、もし、万が一、飼い主が先立ってしまったり、病気で入院したりで、保護猫の世話をする人がいなくなったら? という心配があるためです。
 

実際は、60歳以上であっても元気な人は多いですが、猫の平均寿命も15~20年と長生きする時代になっているため、どうしても、もしものときを想定してしまうのでしょう。猫を引き取ってくれる後見人は誰なのか、どんな関係なのかなどを詳しくヒアリングされ、厳しいと判断されればお断りということもあります。


>次ページ:保護猫を迎えるときにかかる費用

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望