『unknown』第6話 “こころ”高畑充希が殺人犯……⁉「血のウエディング」の真相が明らかに

5月23日に放送されたドラマ『unknown』(テレビ朝日系)第6話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『unknown』公式サイト)。

田中圭さん、高畑充希さんが共演するドラマ『unknown』(テレビ朝日系)。5月23日放送の第6話では、ついに“血塗られた結婚式”の内容が明らかに。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

unknown
画像出典:テレビ朝日系『unknown』公式サイト

 

第6話のあらすじ

被害者が血を抜かれる連続殺人事件の5番目の犠牲者は、「わっしょいクリーニング」の店主・五十嵐まつり(ファーストサマーウイカ)。春陽町の面々が悲嘆に暮れる中、事件当日、20年前に殺人事件を起こし自殺したはずの父親・一条彪牙(井浦新)の姿を目撃した虎松(田中圭)は恐怖に怯えるように。
 

様子のおかしい夫・虎松を案じながらも明るく振る舞っていたこころ(高畑充希)ですが、親友・まつりの死から立ち直れず、加賀美(町田啓太)のふとした優しさに触れ会社で泣き出してしまいます。父の影に怯える虎松は結婚式を延期しようと言い出し、直前まで相談されずにいたことにショックを受けたこころと口論に。
 

すれ違う2人の様子を見た加賀美は、ある日当然こころと虎松を車に乗せ、さくらんぼ狩りに連れ出します。加賀美の働きにより自然と仲直りができた2人は、予定どおり結婚式を行います。奇しくもその日、新たな殺害予告の落書きが発見されていました。
 

滞りなく進む結婚式。誓いのキスを交わしたこころと虎松。そんな中、虎松の前に「一条彪牙が来ている」と知らせに現れたのは、こころのジム仲間・暁凛(MEGUMI)。なんと凛は虎松の元妻でした。一方、誰かからの連絡を受け庭へ向かったこころ。一時の間が空き、降りしきる雨の中でこころが目を覚ますと、目の前には倒れた一条彪牙の姿が。さらに、血まみれでアイスピックを手にしたこころの姿を、駆けつけた虎松や世々塚(小手伸也)らが目撃して――。

 

unknown
画像出典:テレビ朝日系『unknown』公式サイト

 

虎松の父をこころが殺害……⁉

初回から毎度描写されていた“血塗られたウエディング”の真相が明かされた第6話。「私じゃない、信じて……?」と訴えたこころ。連続殺人の容疑者となってしまった妻を、夫・虎松は信じ切ることができるのでしょうか。
 

Twitterでは「虎松に父親と何かあったら警察よりも先に『俺を呼べ』といった世々塚が怪しい」「よよさん、だんだん不自然な点が増えていってる」「よよさん、虎松の身の回りに起きてることを知り過ぎているような気がする。親心の他に別の理由が?」「まつりさんの殺害時に訪ねて来たのが警察関係者であれば、色んな違和感の筋が通る気がする」など、虎松が父親のように慕う先輩警察官・世々塚を怪しむ声が続出しています。
 

連続殺人事件の容疑者がこころであると報道が過熱する一方、身内であることから捜査を外されてしまった虎松。父・一条彪牙がなぜ20年前に一家惨殺事件を起こしたのか、なぜ今になって姿を現し、結婚式場で死んだのか、謎ばかりの状況に憤ります。一方、黙秘を貫いていたこころは、「私は、夫を疑っている」と口を開き――。愛するがゆえに疑いあう虎松とこころ。秘密を抱えた夫婦の関係がどう変わっていくのか、そして事件の真相とは? 今後の展開から目が離せません。

 

『unknown』あらすじ&見どころバックナンバー

『unknown』第5話 母子愛に感動直後、吸血鬼殺人の犠牲者になる鬼展開に「え、つら」「悲しすぎ」の声
『unknown』第4話 “加賀美”町田啓太の衝撃キスシーンに「完敗」「過去最高の出来」の声
『unknown』第3話 “虎松”田中圭の衝撃の秘密&“加賀美”町田啓太のバックハグに視聴者ざわつく
『unknown』第2話 田中圭ד吸血鬼の義父”吉田鋼太郎の絡みに称賛殺到!「さすがおっさんずラブチーム」の声
『unknown』第1話 高畑充希、田中圭をお姫様抱っこで救出! 「新しい」「かっこいい」称賛殺到

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」