『unknown』第5話 母子愛に感動直後、吸血鬼殺人の犠牲者になる鬼展開に「え、つら」「悲しすぎ」の声

5月16日に放送されたドラマ『unknown』(テレビ朝日系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『unknown』公式サイト)。

田中圭さん、高畑充希さん、町田啓太さんが共演するドラマ『unknown』(テレビ朝日系)。5月16日に放送された第5話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

unknown
画像出典:テレビ朝日系『unknown』公式サイト

 

第5話のあらすじ

雨が降り注ぐバス停で、相棒のカメラマン・加賀美圭介(町田啓太)から突然キスをされた闇原こころ(高畑充希)。その様子を婚姻届を提出し夫婦になったばかりの夫・朝田虎松(田中圭)が目撃し、激しく動揺しながらも加賀美に詰め寄ります。しかし加賀美は悪びれる様子もなく要領が得ない反応。翻弄される虎松に“遺体から血が抜かれる連続殺人事件”の捜査本部から連絡が入ります。
 

殺害現場近くで見つかった吸血鬼と数字の落書きは、犯行以前に描かれたもので殺害予告だと判明。落書きした人物として、「わっしょいクリーニング」の五十嵐まつり(ファーストサマーウイカ)の息子・大五郎(曽田陵介)が事情聴取に呼ばれました。そんな中、新たな吸血鬼と「514」という数字の落書きが見つかり、“第5の殺人”の殺害予告に警戒を強めます。
 

第5の殺人まであと3日という中、かたくなに黙秘を貫く大五郎。虎松はバディでこころの弟・漣(井上祐貴)とともに大五郎のアリバイ探しに奔走します。一方、世間が18歳の少年犯罪に盛り上がり、ネットでの誹謗中傷はまつりの身にも及ぶ中、週刊誌記者のこころも事件の特集記事を書くよう指示され、真相究明に乗り出します。
 

第4の殺人事件当日、大五郎は現場から遠く離れた倉庫で、母の日にプレゼントするための絵を描いていました。そのアリバイを見つけ出した虎松たちにより、大五郎は無事釈放されることに。常連の居酒屋「どん底」で待ち合わせをしますが、まつりは現れず。
 

大五郎とこころが「わっしょいクリーニング」に様子を見に行くと、そこにはまつりの変わり果てた姿があり、その首元には連続殺人事件の被害者と同様に血を抜かれたような痕が――。同じ頃、虎松のもとには殺人事件を起こした後に自殺したと思われていた父・一条彪牙(井浦新)が姿を見せ――。

 

unknown
画像出典:テレビ朝日系『unknown』公式サイト

 

辛すぎるラストシーンに悲鳴殺到

まつりが“第5の殺人”の犠牲者となり、Twitterでは「え、つら…涙」「辛いラストだった…まつりさんに何が⁉ せめて絵を見せてあげたかった」「母の日に!つらすぎる!大五郎(涙)」「真相わからなすぎるし悲しすぎ」「伏線があったけど、まつりの死はあまりにも突然」などのコメントが殺到。
 

また、「犯人は誰か全く想像つかないけど、お父さんやはり生きてた」「毎話繰り返される血濡れの結婚式の回想シーンが戦慄すぎて、どうなるのかドキドキ」「何で最後、南十字さんは虎松への電話を途中で切った?」などの声も寄せられています。
 

自殺したはずの父を目撃し、恐怖に怯え始める虎松。親友・まつりの死を抱えきれず、ふとした加賀美の優しさに会社でボロボロ泣きだしてしまうこころ。結婚式を目前にすれ違ってしまう2人の様子を見た加賀美は、なぜか虎松をさくらんぼ狩りに連れ出して……? そして迎える運命の結婚式。“血塗られたウエディング”の真相に注目です。
 

【おすすめ記事】
『unknown』第4話 “加賀美”町田啓太の衝撃キスシーンに「完敗」「過去最高の出来」の声
『unknown』第3話 “虎松”田中圭の衝撃の秘密&“加賀美”町田啓太のバックハグに視聴者ざわつく
『unknown』第2話 田中圭ד吸血鬼の義父”吉田鋼太郎の絡みに称賛殺到!「さすがおっさんずラブチーム」の声
『unknown』第1話 高畑充希、田中圭をお姫様抱っこで救出! 「新しい」「かっこいい」称賛殺到
高畑充希、『unknown』共演の田中圭とのツーショット公開に「羨ましい〜」「恋人同士みたい」の声

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化