「地元愛を感じる奈良県出身の芸能人」ランキング! 2位「明石家さんま」、1位は?

All About編集部は4月20日~5月4日、全国10~60代の460人を対象に「奈良&兵庫出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「地元愛を感じる奈良県出身の芸能人」を紹介します。(サムネイル画像出典:TBS系バラエティ『週刊さんまとマツコ』公式Twitterより)

出身地についてのトークや、地元民にしか分からない話題など、芸能人による地元ネタを耳にすることも多い今日この頃。自分と地元が一緒だと、それだけ親近感を抱き、応援したくなるものですよね!
 

All About編集部は4月20日~5月4日、全国10~60代の460人を対象に「奈良&兵庫出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「地元愛を感じる奈良県出身の芸能人」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

2位:明石家さんま

2位にはお笑い界の重鎮、明石家さんまさんがランクイン。
 

和歌山県生まれ、奈良県奈良市の出身で、高校3年生で笑福亭松之助さんに弟子入り。その後ピン芸人として活動し、東京に進出後は『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』(共にフジテレビ系)などの人気番組に出演。あっという間にお茶の間の人気者となりました。
 

還暦を過ぎた現在も多くの冠番組を持ち、ツッコミのキレも健在の“お笑い怪獣”・さんまさん。趣味はテニスやゴルフ、サッカーなどで、若い頃からスリムな体形なのも納得のスポーツマンです。
 

本アンケート調査では「奈良出身ということをセールポイントにしているからです」(愛知県、60代女性)、「奈良といえばこの人と言われるぐらい地元のスーパースターだから」(山口県、50代男性)、「奈良といえばさんまさんのイメージがあるから」(東京都、50代女性)などの回答理由が見られました。
 

1位:堂本剛(KinKi Kids)

1位に選ばれたのは、男性アイドルデュオ・KinKi Kidsの堂本剛さんでした。奈良市観光特別大使にも就任している剛さん。実は子役として芸能活動を行っていた時期もあります。
 

小学校6年生のとき、姉が履歴書を送ったことがきっかけでジャニーズ事務所に入所。その後、名字が同じという理由から活動を共にすることが多かった光一さんと、『KinKi Kids』を結成します。デビュー以降に発売したシングルは、全て「オリコン 週間シングルランキング」で初登場1位という驚くべき記録を達成。また俳優としても活躍し、主演したドラマ『金田一少年の事件簿』(1995年、日本テレビ系)は、大ヒット作品となりました。
 

回答者からは「母子手帳のデザインなどを手掛けているからです」(埼玉県、40代女性)、「結婚したら奈良に戻って生活したいと話していたから」(奈良県、40代女性)、「奈良健康ランドのCMに出演するなど、よく奈良の話をしているため」(大阪府、20代男性)などの意見が寄せられました。
 

※回答者からのコメントは原文ママです
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

【おすすめ記事】
「奈良県出身」の好きな芸能人ランキング! 2位「堂本剛」、1位は?
地元愛を感じる「兵庫県出身」の芸能人ランキング! 2位「浜田雅功」、1位は?
地元愛を感じる「京都府出身」の芸能人ランキング! 3位「山村紅葉」、2位「杉本彩」、1位は?
地元愛を感じる「大阪府出身」の芸能人ランキング! 2位は“超ひらパー兄さん”の「岡田准一」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応