地元愛を感じる「大阪府出身」の芸能人ランキング! 2位は“超ひらパー兄さん”の「岡田准一」、1位は?

落語や演劇、歌舞伎など多彩な文化を発展させてきた芸能の街・大阪。All About編集部が実施したアンケート調査の結果から、地元愛を感じる「大阪府出身」の芸能人ランキングを発表します(画像出典:映画『ヘルドッグス』公式Instagram)。

落語や演劇、歌舞伎など多彩な文化を発展させてきた芸能の街・大阪。All About編集部は全国10~60代の500人を対象に「大阪・京都出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:4月20日~5月1日)。この記事では、地元愛を感じる「大阪府出身」の芸能人ランキングを発表します。
 

>15位までの全ランキング結果を見る
 

3位:村上信五(関ジャニ∞)

3位にランクインしたのは、アイドルグループ「関ジャニ∞」の村上信五さん。1982年1月26日生まれ、高槻市出身です。
 

2004年に関ジャニ∞のメンバーとしてデビューを果たした村上さん。音楽活動や冠番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)『関ジャニ∞の あとはご自由に』(フジテレビ系)への出演といったグループとしての活動のほか、個人でも多くのバラエティ番組で活躍しています。
 

現在は『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)、『月曜から夜ふかし』『午前0時の森』(共に日本テレビ系)などで司会を担当中。朗らかなキャラクターと安定した番組進行で人気を博しています。
 

回答者からは「東京生活が長くてもずっと関西弁で、『月曜から夜ふかし』などの出演番組で大阪出身だというのをよく話題にしているからです(30代女性/愛媛県)」「地元、高槻の話をよくされているので地元愛を感じます(40代女性/和歌山県)」「MCなどの明るいキャラは関西人そのもの、また顔から受けるイメージも大阪そのものです(60代男性/京都府)」などの声が寄せられました。
 

2位:岡田准一

2位に選ばれたのは、俳優の岡田准一さん。1980年11月18日生まれ、枚方市出身です。
 

1995年に「V6」のメンバーとしてデビュー。音楽活動からバラエティ番組への出演まで、アイドルとして多くのファンを魅了してきました。
 

個人では俳優としてドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)、『SP』(フジテレビ系)、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』『どうする家康』など多くの出演作を持つほか、特技の武道の技術を生かしてアクション映画の振り付けを担当するなど、マルチに活躍中。
 

また、2013年からは枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」のイメージキャラクター“超ひらパー兄さん”兼“園長”を務めており、ポスターやCMへの出演などで宣伝に大きく貢献しています。
 

回答者からは「地元の枚方市のひらかたパークの園長としてPRしているからです(20代女性/大阪府)」「テレビなどのインタビュー見ると、大阪の話をしていることが多いので地元愛があると思った(30代女性/東京都)」「大阪のCMに出たり定期的に関西で活動しているので(30代女性/兵庫県)」などの声が寄せられました。
 

1位:ハイヒール・モモコ

1位に輝いたのは、お笑いコンビ「ハイヒール」のモモコさん。1964年2月21日生まれ、大阪市阿倍野区出身です。
 

吉本興業のお笑いタレント養成所「NSC」に1期生として入学したモモコさん。1982年に相方のリンゴさんと共にハイヒールを結成しデビューすると、漫才芸で人気を獲得。1995、1998年には「上方漫才大賞」に輝くなど数々の賞を受賞します。
 

現在は『よ~いドン!』『モモコのOH!ソレ!み~よ!』(共に関西テレビ)など、関西圏のバラエティ番組を中心に活躍しているモモコさん。2011年からは「大阪産(もん)PR大使」として大阪で栽培された農産物や食品を宣伝するなど、地元愛にあふれる活動を行っています。
 

回答者からは「コテコテの関西弁でノリツッコミが大阪人らしいイメージ(40代女性/神奈川県)」「地元を普通に歩いていたり、地元を愛している感じが滲み出ている(40代女性/京都府)」「昔から関西の番組には欠かせない芸人さんだから(40代女性/和歌山県)」などの声が寄せられました。
 

※回答者からのコメントは原文ママです
 

>15位までの全ランキング結果を見る

 

 

【おすすめ記事】
「大阪府出身」の好きな有名人ランキング! 3位「菅田将暉」、2位「中条あやみ」、1位は?
実は「大阪府出身」と聞いて驚いた有名人ランキング! 3位「高畑充希」、2位「ダルビッシュ有」、1位は?
地元愛を感じる「京都府出身」の芸能人ランキング! 3位「山村紅葉」、2位「杉本彩」、1位は?
「京都府出身」の好きな芸能人ランキング! 3位「川島明」、2位「吉岡里穂」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望