「メルカード」が4カ月で65万枚突破! 人気の理由をあらためて考えてみた

メルカリのクレジットカード「メルカード」が、サービス開始から4カ月で発行枚数が65万枚を突破しました。筆者自身もメルカードを使っているので、なぜこんなに勢いがあるのか、その理由をあらためて考えてみたいと思います。

メルカリのクレジットカード「メルカード」

2022年11月8日に提供を開始したメルカリのクレジットカード「メルカード」。全ての人が申し込み可能になってから4カ月で発行枚数が65万枚を突破するなど、好評のようです。筆者は約4カ月メルカードを使用しているので、なぜこんなに勢いがあるのか、その理由をあらためて考えてみました。
 

メルカードが人気の理由1:メルカリユーザーにはうれしいポイント還元率

メルカードの最大の特徴といえるのが、メルカリやメルペイの利用実績に応じたポイント還元率です。通常1〜4%、そしてメルカリでの購入に限りますが、普段からメルカリをヘビーに使っている人は還元率が高く設定されています。
 

メルカードに申し込み後、さらにメルカリを利用すれば、還元率は上がっていきます。筆者自身も、2022年11月に申し込んだときには還元率が2.5%でしたが、2023年5月には3.1%に上がりました。

メルカリやメルペイの利用実績でメルカリ内の買い物のポイント還元率が変わる

メルカリ以外の買い物でも常時1%の還元ですから、普段の買い物に活用している人も多いのではないでしょうか。
 

メルカードが人気の理由2:発行のハードルが低い

メルカードを作ったとき、他のクレジットカードと比較して申し込みのハードルが低いと感じました。すでにメルカリで本人確認を済ませていたことも関係しますが、メルカリのアプリから申し込み手続きをしたら、ほんの数分で完了したのです。そして、数日後にはメルカードが届きました。ちなみに自宅のポスト投函で、印鑑やサインなどは不要です。
 

一方でこの手軽さに対しては、心配の声もあります。こんなに簡単にクレジットカードが作れてしまって、「もし使った分の支払いができなくなったらどうする?」と。これに関しては、例えば自分で変えられる利用限度額を低く設定するなどの自己管理も必要になってくるのでしょう。おそらく、支払いがされないリスクはどのクレジットカードにもあると思いますから、メルカリ側も対応はしていくのだと思われます。
 

メルカードが人気の理由3:支払いは翌月のいつでもOK

メルカードで使った分の支払いは、基本的には翌月となります。しかも翌月ならどのタイミングでも良いので、ユーザーの都合に合わせて計画できます。例えば不用品を出品して売上金が入ったら、その時点で支払いするのもアリです。
 

また翌月まで待つことなく、支払いができるタイミングが来れば、その都度支払いも可能です。例えば3月10日に使った分を3月20日に支払うこともできるというわけです。このような支払いの柔軟さも人気を後押ししているのではと感じます。
 

メルカードが人気の理由4:使ったら即通知が来る、利用明細がメルカリで見られる

筆者はこれまで、使ったらその瞬間に通知が来るようなクレジットカードは持っていませんでした。メルカードを使ってみて、初めて瞬時の通知が来たときには、「これは、安心だな」と思いました。不正利用があった場合、すぐに気付けるのはユーザーにとっても安心です。万が一メルカードを紛失してしまっても、メルカリアプリから使用停止の手続きが可能です。
 

カードの利用履歴は、メルカリアプリで常にチェックができます。クレジットカード用に他にアプリを入れたり、Webサイトで確認したりする手間がないのです。このような安全面と利便性もメルカードの人気を後押ししているのではないでしょうか。
 

メルカードを申し込めるのは20歳以上が条件となります。また2023年5月時点では、家族カードやETCカードはありませんから、その点には注意しましょう。


【おすすめ記事】
メルカリユーザーが考えるクレカ「メルカード」の魅力、楽天カードとの違いは?
「メルカード」が届いた! メルカリ歴7年のユーザーの還元率は最大の「4%」になるか……?
「女性が選ぶクレジットカード」ランキング! 2位「楽天カード」、1位は?
「節約」に疲れたらメルカリを活用してお金を生み出すのもおすすめ! 物価上昇に対抗する8つのポイント
それ、捨てるのちょっと待った! メルカリで「子どもが使った鍵盤ハーモニカ」を売ったら1700円


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」