「元宝塚の男役で好きな芸能人」ランキング! 3位「大地真央」、2位「真矢ミキ」、1位はやはり……?

All About編集部では、「宝塚歌劇団出身の芸能人」に関する独自のアンケート調査を実施しました。今回は、「元宝塚の男役で好きな芸能人」のランキングを紹介します(画像出典:大地真央さん公式Instagram)。

All About編集部は4月24日~5月3日、全国10~60代の男女500人を対象に「宝塚歌劇団出身の芸能人」に関する独自のアンケート調査を実施。本記事では、その中から「元宝塚の男役で好きな芸能人」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

3位:大地真央


3位には、大地真央さんがランクイン。大地さんは1973年に59期生として宝塚歌劇団に入団し、スタイルの良さを生かして月組の新進男役スターとして早くから注目されます。1982年に月組トップスターの座に就くと、多くの舞台で大活躍。
 

1985年の退団後は、俳優として舞台を中心に映画、ドラマに出演。NHK大河ドラマや、『MR.BRAIN』(TBS系)などで個性豊かな演技を披露しています。2014年には、宝塚歌劇団創立100周年を記念して設立された「宝塚歌劇の殿堂」で殿堂入りを達成しました。
 

回答者からは、「年を感じさせない美しさをお持ちだから」(島根県/40代女性)、「舞台を中心に活躍されているから」(大分県/40代女性)、「女性的な美しさもありながら内面のたくましさを感じる」(愛媛県/40代女性)といった意見が寄せられています。
 

2位:真矢ミキ


2位には、真矢ミキさんがランクインしました。1981年に67期生として入団した真矢さん。1995年に『エデンの東』で花組トップスターに就任すると、宝塚では史上初となる男役の写真集を発売。さらに、つんく♂さんプロデュースで武道館コンサートを成功させるなど、次々に新しい活動を行い「宝塚の革命児」と呼ばれました。
 

1998年に退団すると、すぐに俳優として活動を開始。NHK連続テレビ小説『てるてる家族』や『風のハルカ』など、人気ドラマに出演して注目を集めます。これまで数多くのドラマや映画に出演し、さらに舞台俳優としても大活躍。情報バラエティ番組『ビビット』(TBS系)では司会を担当するなど、多方面で人気を集めています。
 

回答者からは、「かっこよさと美しさ両方を兼ね備えている」(大坂府/30代男性)、「美人なのに男役も似合っている」(千葉県/20代女性)、「プライベートでお見かけしたときもすごく好感でした」(宮崎県/30代女性)といった意見が寄せられています。
 

1位:天海祐希


1位にランクインしたのは、天海祐希さんでした。1987年に73期生として入団した天海さんは、1993年に当時の史上最年少25歳で月組トップスターに就任します。きれいな顔立ちはイケメン役にぴったりで、すぐに人気を集めました。
 

1995年の退団後は、俳優に転身しすぐに映画『クリスマス黙示録』で日本アカデミー賞の新人賞を受賞。『女王の教室』(日本テレビ系)、『BOSS』『カエルの王女さま』(共にフジテレビ系)など、話題作に次々出演します。中でも主演を務める『緊急取調室』(テレビ朝日系)はシリーズ化され、2023年6月16日から『劇場版「緊急取調室 THE FINAL」』が全国の劇場で公開予定です。
 

回答者からは、「かっこよすぎでスタイルもいいし性格の可愛いらしさも備えていらっしゃる」(東京都/20代女性)、「芯の強そうなかっこよさがある」(奈良県/40代女性)、「竹を割ったような性格が好きです。女性だけど男前だから」(大阪府/50代女性)といった意見が寄せられています。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「元宝塚の娘役で好きな芸能人」ランキング! 3位「黒木瞳」、2位「檀れい」、1位は?
「宝塚退団後に活躍していると思う芸能人」ランキング! 2位「黒木瞳」、1位は
「元宝塚の好きな芸能人」ランキング! 1位はダントツで「天海祐希」、2位は?
「元宝塚だと聞いて驚いた芸能人」ランキング! 3位「扇千景」、2位「八千草薫」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは