ヒカル、HIKAKINプロデュースの「みそきん」を忖度なしのガチレビュー! 「68点」「100%リピート無い」

YouTuberのヒカルさんが5月11日に、『ヒカキンのみそきん食べてみた』と題したレビュー動画を公開。辛口なヒカルさんの正直な感想は?

YouTuberのヒカルさんが5月11日、自身のYouTubeチャンネル「ヒカル(Hikaru)」を更新。ファンから「絶対にレビューしてください」とリクエストが寄せられた、YouTuberのHIKAKINさんがプロデュースした「HIKAKIN PREMIUM みそきん 濃厚味噌ラーメン」と、「HIKAKIN PREMIUM みそきん 濃厚味噌メシ」の商品を実食する動画を公開しました。
 

【実際の投稿&ヒカルさんのほかの投稿も見る】
 

「パッケージでちょっと買いたくなくなりますね」


9日に全国のセブン-イレブンで店頭販売が開始されたこの商品は、発売初日から大きな話題を呼び、メルカリなどでは高額転売も多発するほどです。カップ麺は税抜き278円、カップメシは税抜き299円とけっこう高めな価格設定ですが……、ヒカルさんはどう評価するのでしょうか。
 

まずはラーメンから開封するヒカルさん。「正直パッケージでちょっと買いたくなくなりますね」と序盤から快調に飛ばします。濃いめが好きというヒカルさんはふたの内側にある線までお湯を注がず、湯量を少なめにして実食。
 

「結構辛め」「味はうまいな普通に」と言った後、しばし無言で食べ続け「普通にその辺にありそうな味噌ラーメンっすね」「濃厚やからこういう味が好きな人 そっちの人に向いてる感じ」「300円するほどの価値を感じひんな」と評価しました。
 

ネットで評価の高い「みそきん 濃厚味噌メシ」のレビューも

ヒカルさんの事前調査では、「ネットで見ると飯の方が評価高い」という「HIKAKIN PREMIUM みそきん 濃厚味噌メシ」を続けて実食。「これは買わんな」とヒカル節をさく裂させました。「普通に美味いと思うし 不味くはないけど」「ちょっとまだ万人寄り」「想像以上に味が薄い」「匂いと味が一致しない」とコメントしています。
 

動画後半でヒカルさんは、「じゃあ点数いきます?」「Today's Hikaru's Point! 68」と最終評価を下しました。「話題性込みで言うなら」「全然100点でもいいかな」として、「味単体とか値段考えたら100%リピート無い」と評価しました。
 

コメント欄では、「無理に貶すのではなく忖度するのでもなくこのあっけらかんと正直なとこが大好き」「安定レビューだけどちゃんとフォローしてるところが大人」「やっぱりヒカルのポジションは必要」「レビュー系一番信用出来る」など絶賛の声が相次いでいます。中には、「ヒカルが食べたから食べてみたくなった」「不思議と食べたくなったのは、ヒカルくんがレビューしたという付加価値がついた」と、この動画を見て「食べたくなった」という声も上がりました。
 

人気商品だけに品薄な店舗もあるという「HIKAKIN PREMIUM みそきん 濃厚味噌ラーメン」と、「HIKAKIN PREMIUM みそきん 濃厚味噌メシ」。気になる人はチェックしてみてください。
 


>次ページ:ヒカルさんの動画をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
ヒカル、「ヒカキンおにごっこ」の真相語る「飯だけ奢ってくれ」「いつか会う日を楽しみにしてます」とメッセージも
「日本一のYouTuber」断念を発表したヒカル、古参メンバーが「父親」に。出産祝いは300万円
「ポケカほしい」ヒカル、“令和の虎”で大暴れ。「俺の価値いくらで見積もるの?」虎たちに噛みつき過去最高額の1億円を獲得
ヒカルにもらった服をメルカリで高額転売したYouTuberが謝罪。ヒカルの神対応に絶賛の声も

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在