「日本一のYouTuber」断念を発表したヒカル、古参メンバーが「父親」に。出産祝いは300万円

5月3日に「日本一のYouTuber」を諦めたと発表したヒカルさん。7日に古参メンバーとしてヒカルさんを支える名人さんに、第1子が誕生したことを公表しました。ファンからは「素晴らしい」「名人がついにパパになったのか」と反響を呼んでいます。

YouTuberのヒカルさんが5月7日、自身のYouTubeチャンネル「ヒカル(Hikaru)」で動画を更新。古くからヒカルさんを支える元NextStageメンバーの名人さんに、第1子が誕生したことを報告しました。
 

【実際の投稿&関連するほかの投稿も見る】
 

「おめでとう名人!」「名人がついにパパになったのか」

画像出典:ヒカル(Hikaru)

ヒカルさんと一緒に動画に登場した名人さんは、「父親になりました」とファンへ報告。ヒカルさんは、自身が経営するシュプラスでも出生時育児休業を「取り入れていこうかなってことで」と、名人さんに4~5月の約2カ月間、休暇を付与したことを明かしました。

画像出典:ヒカル(Hikaru)

また、「子供が生まれた名人に ちょっと渡したいものがありましてね」と言ったヒカルさんが向かったのは金庫の前。「用意してた」と言って名人さんに手渡したのはなんと、現金300万円の出産祝い! 出産に関していろいろと調べたというヒカルさんは、出産費用や子どもが暴れても危なくないように家のレイアウトや置いてある物を買い替えるなどで「入用」と話し、「結局お金あった方がいい」と出産祝いは現金にしたようです。
 

コメント欄には「おめでとう名人!」「名人がついにパパになったのか」と父親になった名人さんに祝福の声が上がったほか、「影響力ある人がこういう発信してくれるのは有り難い」「お子さんもいない若い男性がここまで出産育児費用や女性の負担などのことを考えられるのは本当に素晴らしい」と出産祝いや休暇制度を取り入れていくことへの称賛の声が寄せられました。また、その決断をしたヒカルさんにも「同じ男としてとてもかっこいい」「マジ尊敬」と絶賛の声が上がっています。
 

「本当に感謝しかないです、ありがとう」


名人さんは7日、自身のTwitterを更新。「なかなか思い通りに行かずに涙が出てきたり 睡眠時間も削れて体も心もしんどい時もあるけど それはそれで楽しかったりもする いつも一緒におった人たちと ちょっと会えないってのは寂しかったり 迷惑かけたりもあるけど その分育児を頑張るし もし次誰かが結婚とか出産とかで長期で離れることになった時は そこをカバーできるように頑張ろうと思えた」「本当に感謝しかないです、ありがとう」と、育児の厳しさと感謝の思いをつづり、生まれてきた子どもの写真を添えてツイートしました。
 

ファンからは「子育て頑張って」「パパ1年生なので子供と一緒にパパとして成長していけば大丈夫ですよ」「無理せず育児を楽しんで欲しい」という温かい声や、子育てアドバイスなどが相次ぎました。
 

3日の動画ではこれまで掲げてきた「日本一のYouTuberを目指す」という目標を方針転換し、「リアルタイムでちゃんと影響力があって経済を動かせて 日本で話題になって そういう力が僕は欲しい」と動画で話していたヒカルさん。20~40代の大人層に向けて「全力投球で今後やっていきます」と宣言していました。経営者としてもYouTuberとしてもますます加速していくヒカルさんから、ますます目が離せなくなりそうです。
 

 


>次ページ:関連投稿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
「ポケカほしい」ヒカル、“令和の虎”で大暴れ。「俺の価値いくらで見積もるの?」虎たちに噛みつき過去最高額の1億円を獲得
ヒカル、NextStageの解散を発表「ショックがデカすぎ」嘆きの声相次ぐ。解散理由は「熱量の差」「足並みが揃わない」
みっき~、ヒカルの会社退職を発表。「路頭に迷った時は俺んとこに戻ってこい」最後まで見捨てないヒカルの神対応に称賛の声
「僕が悪かった」ヒカル、コレコレ生放送で女性YouTuberとのスキャンダル露呈。暴露理由は「もう会わないと思ったから」「恨みはない」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ