演技が美しいと思う歴代女子フィギュアスケート選手ランキング! 3位「キム・ヨナ」を抑えたTOP2は?

「演技が美しいと思う歴代女子フィギュアスケート選手」ランキング! All About編集部が実施した独自アンケート調査結果から、“表現力の深さが圧巻”だった韓国のキム・ヨナ選手を抑えたのは? ※画像出典:キム・ヨナさんの公式Instagramより

All About編集部では、「フィギュアスケート選手」に関するアンケート調査を実施。同調査は、10〜70代の男女500人を対象に、インターネット上で実施しました(調査期間:4月20〜26日)。その中から今回は、「演技が美しいと思う歴代女子フィギュアスケート選手」ランキングを発表します!

>10位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:キム・ヨナ


第3位は、キム・ヨナさん。2010年のバンクーバー五輪の女子シングルで、フリー世界歴代最高記録(当時)を叩き出し、韓国勢初の金メダルを獲得しました。このとき銀メダルを獲得した浅田真央さんとは同じ年齢のライバルとして、2人のトップ争いは常に注目を集めていました。

回答者からは、「派手な演技ではなく美しさで一時代を築いた印象があります(48歳男性)」「表現力の深さが圧巻だったので(63歳女性)」「手や足が長くてスタイルが良かったので演技してても綺麗に見えました(37歳女性)」など、審査員からも評価の高い圧倒的な表現力に魅了された、という声がありました。

ほかにも、「氷の上に立つと、儚く見えたり力強く見えたり、色々な姿を見せてくれるので美しく、素晴らしい演技力だなと思いました(50歳女性)」「流れるような演技はとても美しかった(34歳女性)」「スピードと躍動感溢れる演技に魅了(55歳女性)」などのコメントが寄せられています。
 

第2位:荒川静香


第2位は、荒川静香さん。回答者からのコメントで目立ったのは、2006年のトリノ五輪で見せた上体を大きく反らせる高度な技、「イナ・バウアー」についてでした。技術点にはつながらない技だったものの、世界中の観客を魅了。アジア初の金メダルを獲得しました。

「金メダルを引き寄せた、あのイナバウアーは、世界一だと思うからです(53歳男性)」「イナバウアーの美しさが圧倒的なので(34歳男性)」「トリノのイナバウアーは、今も色褪せない美しさだから(38歳女性)」など、「イナ・バウアー」を見たときの衝撃が忘れられない、という声が多数寄せられました。

さらに、「オリンピックで金メダルを取られたときの、がつがつと詰め込まないにも関わらず引き込まれる演技が素晴らしかったから(52歳女性)」「荒川さんは本当にスケーティングの技術が素晴らしいです。ただ真っ直ぐに滑走しているだけでも風格があって美しい。イナバウアーが有名ですが、演技の要素と要素の間の『つなぎ』に手を抜かない姿勢が美しいと感じます(25歳女性)」など、全ての演技が丁寧で、引き込まれたという人も。
 

第1位:浅田真央


第1位は、浅田真央さん。回答者からは、印象に残っている演技として、バンクーバー五輪でのフリー演技(ラフマニノフの『前奏曲嬰ハ短調Op.3-2 鐘』)や、ソチ五輪でのフリー演技(ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』)についてのコメントが目立ちました。

「氷上とは思えないほど繊細でしなやかな動き、そして表情の豊かさに目を奪われるから(29歳男性)」「外国の選手に負けないバランスのいいスタイルで、柔らかい体とジャンプのすばらしさが際立っていたと思います(45歳女性)」「難易度の高い技を流れるように繰り出していたから(52歳男性)」など、流れるように高難易度な技を繰り出す演技から目が離せなかった、というコメントが集まっています。

さらに、「バレエをおどっているような綺麗なフォーム(48歳女性)」「ダイナミックな演技と繊細な演技をこなすから(26歳女性)」「流れるような演技で、難しい演技にも挑戦していくところが魅力的です(47歳女性)」など、柔軟性があり、しなやかな演技が美しかったとのコメントも寄せられました。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
演技が美しいと思う歴代男子フィギュアスケート選手ランキング! 3位「宇野昌磨」を抑えたTOP2は?
「好きな歴代男子フィギュアスケート選手」ランキング! 「宇野昌磨」「高橋大輔」を抑えた1位は?
「好きな歴代女子フィギュアスケート選手」ランキング! 2位「荒川静香」を抑えた1位は?
かっこいいと思う歴代男子フィギュアスケート選手ランキング! 「ステファン・ランビエール」を抑えたのは?  
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性