「美人だと思う芸能人姉妹」ランキング! 2位「石田ゆり子&石田ひかり」、1位は?

All About編集部は1月30日~2月5日、全国10~60代の男女500人を対象に「芸能人きょうだい」に関する調査を実施。その中から「美人だと思う芸能人姉妹」ランキングの結果を紹介します。

石田ゆり子さん(画像出典:プレスリリース

芸能界には姉妹で活躍する俳優・タレントが多くいます。雰囲気や顔立ちは違えど、やはり同じ親から生まれているせいか、美人姉妹と呼ばれることが多いようです。姉妹で切磋琢磨(せっさたくま)しつつ、活躍&成長する姿は、見る人たちを勇気づけますよね。
 

All About編集部は1月30日~2月5日、全国10~60代の男女500人を対象に「芸能人きょうだい」に関するアンケート調査を実施。その中から「美人だと思う芸能人姉妹」ランキング上位を紹介します。
 

>9位までの全ランキング結果を見る

 

3位:高橋メアリージュン(姉)、高橋ユウ(妹)

3位には、高橋メアリージュンさん(姉)、高橋ユウさん(妹)姉妹がランクイン。メアリージュンさんは、2004年から雑誌『CanCam』(小学館)の専属モデルとして活躍。2007年からはさまざまなテレビ番組にも出演。その後NHK連続テレビ小説『純と愛』にも出演し、俳優として今も活躍中です。妹のユウさんも2006年よりモデルとして活躍。夫はキックボクサーの卜部弘嵩さんです。現在子育てをしながら、情報番組や雑誌でも活躍中です。
 

回答では「異国な感じがありながら濃ゆすぎず綺麗」(熊本県、40代女性)、「姉妹で女優やモデルなどをしていて、いずれも活躍の場を広げているので」(神奈川県、40代女性)、「目鼻がはっきりしていて、姉妹共に美人だと思うからです」(東京都、20代女性)などの意見が寄せられました。

 

2位:石田ゆり子(姉)、石田ひかり(妹)

2位に選ばれたのは、美魔女として不動の支持を集める石田ゆり子さん(姉)、石田ひかりさん(妹)姉妹。ゆり子さんといえば数多くのドラマで活躍していますが、中でも2016年放送の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で、主人公・みくりの伯母「百合ちゃん」をかわいらしく演じたのが印象的でした。妹のひかりさんも言わずと知れた名俳優。1993年放送の代表作『あすなろ白書』(フジテレビ系)で主人公・なるみを演じ、最近では2022年にドラマ『悪女』リメイク版(日本テレビ系)にも出演し、初代主人公が、上司役として帰ってきたと話題に。
 

回答理由に「中年になっても相変わらずかわいいから」(新潟県、40代女性)、「姉妹揃って圧倒的に綺麗だから」(千葉県、40代女性)、「石田姉妹は年齢を感じさせないところがすごいと思うから」(岡山県、40代女性)などが挙げられました。

 

1位:広瀬アリス(姉)、広瀬すず(妹)

そして見事1位に選ばれたのは、姉妹そろって人気俳優として活躍中の、広瀬アリスさん(姉)、広瀬すずさん(妹)姉妹でした。モデルとして活躍後、現在は数々のCMや映画、ドラマで活躍中のアリスさん。コミカルな役が多く、その明るいキャラクターで多くの支持を集めています。現在放送中のNHK大河ドラマ『どうする家康』では、徳川家康の側室・於愛の方役として出演。大河ドラマ初出演を果たしました。妹のすずさんも演技派俳優として知られ、大ヒットコミックの実写映画『ちはやふる』の主人公・千早(ちはや)がはまり役となるなど、多くのドラマや映画、CMで活躍しています。
 

「姉と妹でテイストが違うのにどちらも美人だから。よく言われる美人系の姉と可愛い系の妹の姉妹だと思う」(神奈川県、30代女性)、「姉妹で女優やモデルなどをしていて、いずれも活躍の場を広げているので」(神奈川県、40代女性)、「お姉さんは美人さんで、妹さんは幼さが残り可愛らしさもあります」(栃木県、30代女性)などの声が聞かれました。
 

>9位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「美男美女だと思う芸能人きょうだい」ランキング! 2位「藤井流星&萩花&夏恋」、1位は?
「きょうだいで共演してほしい芸能人」ランキング! 2位「松田龍平、翔太、ゆう姫」、1位は?
「イケメンだと思う芸能人兄弟」ランキング! 3位「永山瑛太&永山絢斗」、2位「松田龍平&松田翔太」、1位は?
「実はきょうだいと知って驚いた芸能人」ランキング! 3位「新田真剣佑&眞栄田郷敦」、2位「神田うの&ハマカーン神田」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始