「イケメンだと思う芸能人兄弟」ランキング! 3位「永山瑛太&永山絢斗」、2位「松田龍平&松田翔太」、1位は?

All About編集部は1月30日~2月5日、全国10~60代の男女500人を対象に「芸能人きょうだい」に関する調査を実施。その中から「イケメンだと思う芸能人兄弟」ランキングの結果を紹介します(画像出典:永山瑛太さんの公式Instagram)。

実は兄弟だと知って驚いた、という意見も多い、芸能界のイケメンたち。やはり遺伝子はうそをつかないと実感するような、魅力的なマスクに惹きつけられるファンも多いのでは。
 

All About編集部は1月30日~2月5日、全国10~60代の男女500人を対象に「芸能人きょうだい」に関するアンケート調査を実施。その中から「イケメンだと思う芸能人兄弟」ランキング上位を紹介します。
 

>7位までの全ランキング結果を見る

 

3位:永山瑛太(兄)、永山絢斗(弟)

3位に選ばれたのは、俳優として兄弟で活躍中の永山瑛太(兄)さん、永山絢斗(弟)さん。長く2文字の「瑛太」という芸名で知られていた瑛太さんですが、2020年に現在のフルネームでの本名に改名しました。2003年放送のドラマ『WATER BOYS』(フジテレビ系)で注目を浴び、その後数々の映画やドラマで人気を博しています。弟の絢斗さんも俳優として活躍し、2023年1月クールのドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系)にも出演中。兄弟そろって演技派俳優として知られています。
 

「二人共モデルでも通用するような見た目だから」(愛媛県、40代女性)、「兄弟ともにイケメン俳優として活躍しているから」(大分県、30代女性)、「どちらも味のある顔や演技をされているため」(東京都、30代女性)などの回答理由が聞かれました。

 

2位:松田龍平(兄)、松田翔太(弟)

2位には名俳優・松田優作さんと同じく俳優の松田美由紀さんを両親にもつ、松田龍平(兄)さん、松田翔太(弟)さんがランクイン。1999年、映画『御法度』でデビューした兄・龍平さん。もともとサッカー選手になるのが夢だった龍平さんでしたが、同作で数々の新人賞を受賞し、その後もドラマや映画、舞台などで活躍。弟の翔太さんは、2005年、スペシャルドラマ『ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢』(TBS系)で俳優としてデビュー。その後もドラマや映画に出演し、2018年にはモデルの秋元梢さんと結婚しています。
 

回答では「二人ともお父さんの面影があり、クールでかっこいいイメージが強いから」(新潟県、40代女性)、「松田兄弟はあまり似てませんが、両方ともイケメンだと思います。男からしても羨ましいです」(東京都、30代男性)、「龍平さんは大人の渋みとワイルドさを兼ね揃えた魅力があり、翔太さんははっきりしたイケメンだと思うからです」(山梨県、50代女性)などの声が寄せられました。

 

1位:新田真剣佑(兄)、眞栄田郷敦(弟)

そして1位に選ばれたのは、2023年1月に兄弟そろって結婚を発表した、俳優・千葉真一さんの息子、新田真剣佑(兄)さん、眞栄田郷敦(弟)さんでした。アメリカで生まれ、高校までハリウッドで過ごした真剣佑さんですが、2014年に日本での芸能活動をスタート。2016年には、大人気漫画が原作の映画『ちはやふる -上の句- / -下の句-』で綿谷新を演じ、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。現在は海外を中心に活躍中です。
 

弟の郷敦さんは、サックスでプロを目指していましたが、2019年公開の映画『小さな恋のうた』で俳優デビュー。2022年10月クールにはドラマ『エルピス-希望、あるいは災い-』(カンテレ・フジテレビ系)で、冤罪(えんざい)事件究明に巻き込まれていく若手ディレクター役を熱演しました。
 

回答理由に「兄弟どちらもイケメンだし、人気も高いので選びました」(広島県、40代女性)、「顔が整っていて、どんな役をしていても様になるから」(福井県、40代女性)、「真剣佑さんは美男子だし、郷敦さんはきりっとしていてイケメンだと思います」(愛媛県、50代女性)などの声が聞かれました。
 

>7位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「きょうだいで活躍していると思う芸能人」ランキング! 2位「上白石萌音&萌歌」、1位は?
「美人だと思う芸能人姉妹」ランキング! 2位「石田ゆり子&石田ひかり」、1位は?
「きょうだいで共演してほしい芸能人」ランキング! 2位「松田龍平、翔太、ゆう姫」、1位は?
「美男美女だと思う芸能人きょうだい」ランキング! 2位「藤井流星&萩花&夏恋」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化