「休日出勤がなかったことにされ……」年収250万円の20代女性が会社を辞めようと思った瞬間

All About編集部で「会社を辞めたいと思った瞬間」についてのアンケートを実施。今回は年収250万円、経理の契約社員として働く20代女性のエピソードを紹介します。

年収250万円、20代女性が「会社を辞めたいと思った瞬間」とは(画像はイメージ)

「残業代出ないって、おかしいだろ……!」


何十時間ものサービス残業をさせられて、仕事を辞めてしまいたいと思ったことはありませんか?


今回は年収250万円、経理の契約社員として働く20代女性が「会社を辞めたいと思った瞬間」のエピソードを紹介します。

 

データ上の残業時間を調節するように指示された

こちらの女性は、職場の労働環境に不満を持っているとのこと。


All About編集部が行ったアンケートで「月のサービス残業が60時間を超える時期があって、精神的な余裕がなくなってしまって。うつ病と診断されました」と、不満について打ち明けてくれました。


「データ上の残業時間を調節するように指示されたり、『大人の対応をして』と休日出勤を勤務実績に残してもらえなかったり。さまざまなことが重なって、このままこの会社にいてはいつか本当に立ち直れなくなってしまうと思いました」と、休日出勤をなかったことにされるなど、会社からひどい仕打ちを受けたそうです。

 

休職中に転職サイトに登録

女性は現在、別の職場に勤めているとのこと。


詳細を伺うと「休職中に転職サイトに登録して、転職活動をはじめました。現在が退職済みです」と答えてくれました。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「人がどんどん辞めて……」年収260万円の20代女性が会社を辞めようと思った瞬間
「従わないと一生昇格も昇給もないと脅されて……」手取り23万円の40代女性が会社を辞めようと思った瞬間
「働かないオバサン上司が……」30代女性保育士が職場を辞めようと思った瞬間
「1分1秒も暇にならないよう仕事を振られて……」手取り5万円の30代女性が会社を辞めようと思った瞬間
「情緒不安定の上司が……」事務職30代女性が会社を辞めようと思った瞬間


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない