【ネタバレあり】映画『THE FIRST SLAM DUNK』をスラダン好き編集部員3人が徹底的に語ってみた

スラムダンクの新作映画『THE FIRST SLAM DUNK』が、土日興収ランキングで2週連続1位になるなど好調です。編集部の自称スラダン好き3人が集まり、映画の感想や内容を語り合ってみました。

公開前から何かと話題になっているアニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』。公開からたった9日間で202万人動員、興行収益は30億円を突破、週末の土日ランキングでも2週連続で1位を獲得するなど、快進撃が続いています。
 

そんな『THE FIRST SLAM DUNK』を、ファンはどう見たのでしょうか。All About NEWS編集部の自称“スラムダンク好き”3人が集まり、映画の感想や内容を語り合ってみました。

12月3日より公開中の映画『THE FIRST SLAM DUNK』


<参加者>
フクシマ:スラムダンクの影響で中学からバスケ部に入部。ポジションはセンター。技術はなく体力と気力勝負の桜木花道タイプ。

ミムラ:小学生時代、父が所有する単行本全31巻を読みあさっていた。バスケ経験はほんの少しだが、三井寿に憧れ、ジャンプシュートは猛練習。好きなキャラは水戸洋平。

カミグチ:スラムダンクの影響でミニバスを始め、小4~大学までバスケを続けていた。当時の愛犬の名前は「ダンク」。ポジションはセンター。好きなキャラは三井寿。

※以下、ネタバレを含みます
 

『SLAM DUNK(スラムダンク)』との出会いは?

カミグチ:今回集まったメンバーは20~30代ですが、スラムダンクは本当に幅広い世代に人気ですよね。そもそもこの作品との出会いはどんな感じでしたか?
 

ミムラ:私は、3つ上の姉と2人姉妹なので、自分で買うのは少女漫画が多かったのですが、父が持っている少年漫画を読むのも好きでした。父の趣味は、『クローズ』とか『ろくでなしBLUES』とか『ROOKIES』とか、ヤンキー系やスポコン系が多くて、中でもスラムダンクは一番のお気に入りに。

ハマっていた当時、バスケではなく水泳を習っていたのですが、大事な大会の日には願掛けとしてスラムダンクの単行本を数冊(山王戦のところなどを)持ち込んでいました(笑)。
 

カミグチ:きょうだいとか、親、友人の影響で好きになるってありますよね。連載終了(1996年)から26年も経っているのに、未だに「最近ファンになりました」という人もいてすごいなと。
 

フクシマ:『ろくでなしBLUES』も結構古いですよね(笑)。
 

ミムラ:父親がそういう作品が好きだったっていうのもありますね。実はスラムダンクも9巻くらいでまだグレている頃の三井が出てきたとき、ヤンキー系の漫画だと思っていて(笑)。読み進めたらバスケ漫画だった、という感じです。三井が髪を切ったあたりから本格的にハマり始めました。
 

フクシマ:私は小学生のころ『りぼん』も毎月買って読んでいたのですが、兄が買ってくる『週刊少年ジャンプ』を毎週楽しみにしていて、中でもスラムダンクはとにかくキャラクターがかっこいいし絵がうまいし面白いし、兄が読み終わって手放した瞬間一番に読んでいました。
 

本棚には今も『スラムダンク』全巻が!

カミグチ:当時のジャンプっていわゆる“黄金期”で、同じくテレビアニメ化された『幽☆遊☆白書』『ドラゴンボール』とか面白い作品が多かったんですよね。
 

フクシマ:スラムダンクはとにかくかっこよくて、初めは全然バスケとは関係なく楽しみにしていたんですが、読んでいるうちに「バスケかっこいい!」みたいになって。
 

ミムラ:へー! 連載で読むと、続きが気になってしょうがないですよね。
 

フクシマ:毎週ってすごいですよね。
 

カミグチ:皆さん、漫画から入っているんですね。私の場合は小学生のときにアニメ放送がスタートして、当時我が家ではアニメをほとんど見させてもらえなかったのですが、スラムダンクは父が好きで数少ない「見て良いアニメ」だったんです。毎週土曜の夜が楽しみで、見ているうちに自分もバスケがしたくなり、ミニバスに入りました。

前年までは1学年で5人入れば良いほうだったのに、その年は女子だけで17人もミニバスに入り、ユニフォームが取り合いになったほどです(笑)。
 

フクシマ:当時、バスケ人口が増えましたよね。ミニバスの子は中学に入ってもそのままバスケをやると思うのですが、そうではない初心者の人も中学からバスケ部に入っていたのを覚えています。それもスラムダンクの影響だと思いますね。
 

ミムラ:私のときは、スラムダンクが好きだから部活に入る子はいなかった気がするんですけど、私はひそかに好きで。あまりスキルが伸びずやめちゃったんですけど、シュートだけはできるようになりたいと思って、レイアップシュートとジャンプシュートだけはできるようになりました。
 

カミグチ:シュートで思い出したんですけど、三井が好きで、女子なのに両手じゃなくていきなりワンハンドにしていました。スリーポイントは苦手だったんですけど、フリースローくらいの距離までは入るように練習して。
 

フクシマ:センターだったんですけど、スリーポイントばかり練習して怒られたのを思い出します。
 

ミムラ:スリーポイントって遠いじゃないですか。女子でも届きます?
 

フクシマ:うまい人はめちゃくちゃ入りますよね。
 

カミグチ:チームによってはスリーポイントシューター(まさに三井みたいな)人がいて、その人には絶対にボール持たせちゃいけない、みたいなのはあった気がします!


>次ページ:【ネタバレ】映画『THE FIRST SLAM DUNK』、ぶっちゃけどうだった?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応