BreakingDownで人気沸騰の飯田将成、「7は出ない」欠場発言後に出場発表でファン困惑。運営と「何があったの」「説得されたとかでは」

BreakingDownでエース級の実力と人気を誇る、元プロボクサーの飯田将成選手が12月6日、自身のTwitterを更新。2023年2月に開催予定の「BreakingDown7」出場を巡る発言に、ファンの間で動揺が広がっています。

総合格闘技イベント「BreakingDown」でエース級の実力と人気を誇る、元プロボクサーの飯田将成選手が12月6日、自身のTwitterを更新。2023年2月に開催予定の「BreakingDown7」出場を巡る発言に、波紋が広がっています。
 

「飯田さんの意志ならば応援します」

飯田選手は投稿で「今回のブレイキングダウン7は出ないと思います。また次回声をかけて頂けるなら頑張りたいと思います!」と、欠場をにおわせる内容をツイート。多くのファンが「誰を応援すればええん」「理由聞きたい」「出ないと思います。とは?! 曖昧な感じが何かあるのかな?!と」と、ショックを受けていました。

また、7日に公開された朝倉未来選手のYouTube動画内で、「拳がまだ痛い」と発言しており、「ドクターストップですか?」「手首かなー前回も痛みがあるのに無理してでましたもんね」と、「BreakingDown6」で啓之輔選手と戦ったときのけがが影響しているのでは? と飯田さんの体調を案じる声も多く上がっていました。
 

ところが、そのツイートから約6時間後、「ブレイキングダウンの代表とお話をさせて頂き出場する事になりました。お騒がせしました笑」と、欠場を撤回。出場を発表しました。「飯田さんの意志ならば応援します」「全力で応援してます」「飯田さん出場しなかったらブレイキングダウンの魅力半減」と、出場宣言を喜ぶ声が上がる一方、不安の声も多く寄せられています。
 

「手首の怪我は大丈夫なんですか?」とけがの具合を心配する人と、「何があったの」「オーディション盛り上げる為やPPV売る為に出場説得されたとかではないですか?」「運営に翻弄されず1番に自分の身体の事をお考えになった方が賢明」と、運営にサイドの強いプッシュで断り切れず、「説得されたとかでは」と案じる声が目立っています。
 

実力はさることながら、ファンへの神対応とイケメンっぷりで、人気沸騰中の飯田選手。今回の発言で動揺したファンも多く、BreakingDownのCEOでエグゼクティブプロデューサーのYUGOさんは同日、自身のTwitterで「発言力あるんだから気をつけてマサさん」と発言していました。記事執筆の9日時点では、なぜ欠場から一転、出場に気持ちがシフトしたのか、YUGOさんおよび飯田選手から説明はされていません。
 


>次ページ:飯田選手の格好いい姿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
朝倉未来、2023年2月開催のBreakingDown7へ出場意思示す。YUGO「海外進出見据え」「すでに動き始めてる」
大バズりの「Breaking Down6」、空気感ピリッピリのオーディション公開。ひな壇の奪い合い、場外乱闘に「ワクワクを止まらせない!」
躍進続く「Breaking Down」へずまの嫁VS.元カノ、ヤバすぎる女たちの戦いにひろゆきニッコニコで「登場人物みんなクズ」
Breaking Down前日に流血騒動でとろサーモン久保田、“久保田”違いされとばっちり「もっとやりすぎてる久保田がいるみたい」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」