「育児と仕事の両立がうまくいかず……」年収350万円の30代女性が会社を辞めようと思った瞬間

All About編集部で「会社を辞めたいと思った瞬間」についてのアンケートを実施。今回は年収350万円、正社員として働く30代女性のエピソードを紹介します。

年収350万円、30代ワーキングマザー「会社を辞めたいと思った瞬間」とは(画像はイメージ)

「育児しながら働くのつらすぎる……!」


育児との両立がうまくいかず、会社を辞めてしまいたいと思ったことはありませんか?


今回は年収350万円、正社員として働く30代女性が「会社を辞めたいと思った瞬間」のエピソードを紹介します。

 

夫婦2人だけの頃とは同じようにいかない

こちらの女性は、育児と仕事の両立がうまくいかないことに不満を持っているとのこと。


All About編集部が行ったアンケートで「子どもができたことが辞めたいと思った1番の原因です。子どもがいながら働くことは想像していた以上に大変でした」と、不満について打ち明けてくれました。


「働き方も、夫婦2人の頃とは同じようにはいきません。会社では育児をしている人への時短制度もありますが、通勤時間が長い私にとってはあまり意味がないです。保育園もフルで活用することになって、帰宅後は慌ただしくご飯、お風呂、就寝とゆっくりする時間もなく、子どもにとっても果たしてこれでいいのか?などを考えてしまって……仕事を変えて、家族の時間を増やしたいと思ったんです」と、働きやすい職場へ転職したいと考えるようになったそうです。

 

子どものことを思うと簡単に転職できない

しかし、女性は今も同じ職場に勤めているとのこと。


理由を伺うと「子どももいるので、気軽に転職することに躊躇してしまうんです。収入や就業時間などを考慮しながら、探していきたいと思っています」と答えてくれました。


【おすすめ記事】
年収400万円では全く足りない? 30代独身女性「税金で数万円も引かれるのが本当に納得できない」
「経理なのに倉庫作業もさせられて……」年収200万円の20代女性が会社を辞めようと思った瞬間
「1人だけボーナスを大幅に減らされて……」30代SEの男性が会社を辞めようと思った瞬間
「女性が活躍する職場は、独身の女には居心地が悪くて……」40代女性が会社を辞めようと思った瞬間
「嘱託社員のおじさんの加齢臭で吐き気がして……」年収300万円の40代女性が会社を辞めようと思った瞬間

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」