見物(けんぶつ)と見物(みもの)の意味の違いは? 正しい読み方、使い方、使い分け

「見物」は「けんぶつ」「みもの」と二通りの読み方があり、「見物(けんぶつ)」はイベントの催しものや観光名所などを見学して楽しむこと、「見物・見もの(みもの)」は、「見る価値のあるもの」と、読み方によって意味が異なります。

「見物」の正しい読み方は「けんぶつ」「みもの」どっち?
「見物」の正しい読み方は「けんぶつ」「みもの」どっち?

「高みの見物」などという場合に使う「見物」という言葉。皆さんは正しい読み方をご存知ですか? 「みもの」「けんぶつ」と2通りの読み方を聞いたことがある人もいるでしょう。

今回はこの「見物」について、フリーアナウンサーの花崎阿弓が解説していきます。


<目次>
そもそも「見物」の意味とは
「見物」の正しい読み方は「みもの」「けんぶつ」どっち?
「見物(みもの)」と「見物(けんぶつ)」は意味が異なる
「見物」と「見学」の違いは?
「見物」の読み方に迷ったときは平仮名で考える

そもそも「見物」の意味とは

「見物」の意味とは、特定の出来事や場所を見ることや観察することを指します。

一般的に、観光地やイベントなどを訪れて見ることを指すことが多いです。また、見る価値のある面白いものなどを指すこともあります。

「見物」の正しい読み方は「みもの」「けんぶつ」どっち?

「見物」を読む場合「みもの」「けんぶつ」どちらが正しいのでしょうか。

結論からいうと本来の読み方は「けんぶつ」です。辞書にも「けんぶつ【見物】」として語が採録されています。

では、「みもの」は辞書でどのように扱われているのでしょうか。いくつか確認してみます。

見もの 読み方:みもの
見る価値があること。「見物(みもの)」とも書く。「見物」には「けんぶつ」という読み方もある。
(実用日本語表現辞典)

み‐もの【見物】 の解説
1 見るだけの値打ちのあるもの。見てすばらしいと感じるもの。「この対戦カードは―だ」
2 見物すること。また、その人。
(『デジタル大辞泉』(小学館))

辞書では、「見もの」と書いて「みもの」と書いてあり、「見物」と漢字2文字で並べると「けんぶつ(見物)」が本来の用語であるといえますが、どちらも間違いではありません。

「見物(みもの)」と「見物(けんぶつ)」は意味が異なる

しかし、「見物」を「みもの」と読むのか「けんぶつ」と読むのかで意味が全く異なってきます。
 

「みもの」と読ませると「見る価値のあるもの」という意味となります。それだけの値打ちがあるものとされますので、「このゴルフの最終トーナメントの試合は見物(みもの)だ」などと使うと、これは見ておかなければならない試合だという意味が込められます。

一方、「けんぶつ」は「イベントの催しものや観光名所などを見学して楽しむこと」です。
 

また、「高みの見物」という言葉は、第三者の立場から、興味本位に物事の成り行きを傍観することを指します。

高(たか)みの見物(けんぶつ)  の解説
第三者の立場から、興味本位に物事の成り行きを傍観すること。
(『デジタル大辞泉』(小学館))

このように、見学して様子を見ることを「けんぶつ」といいます。

関連記事:「高みの見物」の意味や使い方、例文、類語、言い換え、英語表現

「見物」と「見学」の違いは?

また、「見物」に似た熟語で「見学」という言葉があります。

「見物」と「見学」は、どちらも出かけて行って何かを見ることという意味です。 しかし「見物」は、催し物や名所旧跡を見て楽しむという、どこかへ出かけてという意味合いが強いです。 対して「見学」は、知識を広め学ぶために、実際に出かけて行って見るべきものを見ることをいう点が違います。
(二字熟語の百科事典)

「見学」は、何かを学ぶために出かけて行って見るという意味合いが強くなります。

「見物」の読み方に迷ったときは平仮名で考える

「見物」の本来の正しい読み方は「けんぶつ」です。
 

「みもの」か「けんぶつ」か迷った場合は、「みもの」の「もの」は平仮名で書き記すと考えてみれば分かりやすいかもしれません。
 

この機会にぜひ、「見物」の本来の読み方を確認してみてください。


■執筆者プロフィール

花崎 阿弓(はなさき あゆみ)
兵庫県出身。武庫川女子大学を卒業後、ケーブルネット鈴鹿に入社。退社後は、静岡FM、FM栃木で情報番組やニュースを担当。これまでの出演経歴は、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)『有吉反省会』(日本テレビ系)『有吉ジャポン』(TBS系)『ナカイの窓』(日本テレビ系)『Abema prime NEWS』(AbemaTV)など。現在は、『横浜ユーポスラジオ』(ラジオ日本)『渋谷いきいき倶楽部』(渋谷のラジオ)などの情報番組を担当しています。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは