『千と千尋の神隠し』の湯婆婆を演じてほしい芸能人ランキング! 「黒柳徹子」を抑えた圧倒的1位は!?

All About編集部は、全国の男女267人を対象に「ジブリ作品」に関するアンケートを実施しました(調査期間:10月13日~11月14日)。ジブリパークのオープンで再注目されているジブリ作品。今回は『千と千尋の神隠し』の湯婆婆を演じてほしい芸能人ランキングを発表します!

11月1日、愛知県に「ジブリパーク」が待望のオープン! ジブリ作品が再注目される中、特に『千と千尋の神隠し』は、2月に舞台化されたことでも話題を呼び、人気が再燃しています。

All About編集部では、全国の男女267人を対象に「ジブリ作品」に関するアンケートを実施(調査期間:10月13日~11月14日)。今回は、『千と千尋の神隠し』の湯婆婆を演じてほしい芸能人ランキングを紹介します!

※画像出典:(c)2001 Studio Ghibli・NDDTM

湯婆婆は、主人公・千尋が迷い込んだ異世界にある湯屋「油屋」を仕切る魔女です。大勢の従業員を抱えており、魔法で人の名前を支配してしまいます。千尋からも名前を奪い、「千(せん)」と名付けます。


>第8位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:マツコ・デラックス(10票)


第3位に選ばれたのは、マツコ・デラックスさんでした。はっきりとした性格と貫禄がマッチしていますよね。バラエティ番組の印象が強いですが、圧倒的な存在感でしっかりと演じ切ってくれそうです。
 

回答者からは「体格といい、雰囲気といい、本当に湯婆婆っぽいから(48歳男性/兵庫県)」「体型が似てる(32歳女性/愛知県)」「毒舌だし、声も似合うと思うので!(34歳女性/埼玉県)」「人間離れしている感じがするから(39歳女性/京都府)」など、ルックスや毒舌なキャラクターが湯婆婆にマッチしているという声が多く寄せられました。
 

第2位:黒柳徹子(20票)


第2位に選ばれたのは、黒柳徹子さんでした。独特な雰囲気と髪型は、まさに湯婆婆そのもの。湯婆婆が身に着けている豪華なアクセサリーやファッションも、黒柳さんのイメージと重なります。俳優としても活躍していた黒柳さんの湯婆婆、ぜひ見てみたいですね!
 

回答者からは「見た目がぴったりだから(40歳女性/千葉県)」「見た目の感じと、雰囲気がマッチしていると思う(22歳女性/埼玉県)」「湯婆婆が着ているような服やアクセサリーがとても似合いそうだから(20歳女性/大阪府)」「あの頭は、黒柳徹子さんしか、いません(45歳男性/静岡県)」など、髪型や雰囲気がマッチしているという意見が多いようです。
 

第1位:夏木マリ(141票)


圧倒的支持を得て第1位に輝いたのは、映画で湯婆婆の声優を務めた夏木マリさんでした! 舞台『千と千尋の神隠し』でも、見事に湯婆婆を演じ切った夏木さんに多くの票が集まりました。
 

回答者からは「声のイメージで、そのまま夏木さん以外ない(37歳男性/佐賀県)」「映画も舞台も演じてらっしゃったのでこの方以外に浮かびませんでした(31歳女性/岡山県)」「湯婆婆役で声を当てていて、女優さんなので実写でも演じてほしい(36歳女性/神奈川県)」など、やはり映画や舞台の印象が強いようです。
 

また、「湯婆婆の不気味さを出すにはぴったりだと思ったから(32歳女性/静岡県)」「湯婆婆といえば夏木マリさんしか全然考えることができない(41歳女性/青森県)」「声も姿も迫力があり湯婆婆にぴったりだと思い選びました(33歳女性/茨城県)」などの意見も寄せられました。


>第8位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『千と千尋の神隠し』の千尋を演じてほしい芸能人ランキング! 圧倒的支持を得た第1位は?
『千と千尋の神隠し』のハクを演じてほしい芸能人ランキング! 第1位は映画で“ある役”を演じていた⁉
『千と千尋の神隠し』のリンを演じてほしい芸能人ランキング! 2位「戸田恵梨香」を抑えた1位は?
『千と千尋の神隠し』の釜爺を演じてほしい芸能人ランキング! 「遠藤憲一」を抑えた第1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化