『千と千尋の神隠し』の千尋を演じてほしい芸能人ランキング! 圧倒的支持を得た第1位は?

All About編集部は、全国の男女267人を対象に「ジブリ作品」に関するアンケートを実施しました(調査期間:10月13日~11月14日)。ジブリパークのオープンで再注目されているジブリ作品。今回は『千と千尋の神隠し』の千尋を演じてほしい芸能人ランキングを発表します!

11月1日、愛知県にオープンした「ジブリパーク」。「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」内に、ジブリ作品の世界観を表現したテーマパークです。現在は3つのエリアがオープンしており、2023年秋、2024年3月にはそれぞれ新たなエリアが開業予定とのこと。“ジブリブーム”はまだまだ続きそうです!


All About編集部では、全国の男女267人を対象に「ジブリ作品」に関するアンケートを実施(調査期間:10月13日~11月14日)。今回は、『千と千尋の神隠し』の千尋を演じてほしい芸能人ランキングを紹介します!

画像出典:(c)2001 Studio Ghibli・NDDTM

荻野千尋は、物語の主人公。引っ越しの途中に両親と不思議なトンネルを通り、異世界へと迷い込んでしまいました。魔法で豚にされてしまった両親を救うべく、数々の試練に立ち向かい成長していきます。優しい心と勇敢で強い気持ちを持ち合わせた女の子です。


>第8位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:芦田愛菜(32票)


第3位は、幼少期から子役として活躍している芦田愛菜さんでした。子役時代のあどけない印象のみならず、芦田さんの聡明な一面や凛としたイメージから、千尋を演じてほしいと感じている人が多くいるようです。

回答者からは「声が高く、真面目な感じが役と合っているから(40歳女性/大阪府)」「雰囲気が似ているから(21歳男性/熊本県)」「芦田愛菜ちゃんみたいなあどけない雰囲気が残っている役者さんがいいと思います(30歳女性/東京都)」など、雰囲気や声が合っているという意見が多数寄せられました。
 

また、「10代の俳優さんの中で演技力が高く、身長もそれほど高くないのでイメージに近いと感じました(39歳女性/東京都)」「声も良いし演技が上手だから(31歳女性/福井県)」と、高い演技力を絶賛する声も集まっています。
 

第2位:上白石萌音(33票)


第3位とわずか1票の僅差で第2位に選ばれたのは、上白石萌音さんでした。2022年2月から上演された舞台『千と千尋の神隠し』で、千尋役を演じた上白石さん。作品からそのまま出てきたような千尋にそっくりな姿が話題になりました。

回答者からは「一生懸命な感じと純な感じがピッタリ(37歳男性/佐賀県)」「違和感無く、演じている姿が想像できる為(31歳女性/埼玉県)」など、雰囲気がぴったりという声が相次いでいます。
 

さらに、「舞台版『千と千尋の神隠し』で演じているのをニュースで拝見したときにぴったりだと思いました(31歳女性/岡山県)」「千と千尋の神隠しの舞台での演技が素晴らしかったかです(21歳女性/大阪府)」「舞台での千尋役がはまっていたと思う(27歳女性/静岡県)」と、舞台でのイメージが定着しているようです。
 

第1位:橋本環奈(55票)


圧倒的な支持を得て、第1位に輝いたのは橋本環奈さんでした! 橋本さんは、舞台『千と千尋の神隠し』で上白石萌音さんとWキャストで千尋を演じ、舞台初挑戦ながら主演を演じ切り、その高い演技力に改めて注目が集まりました。
 

回答者からは「舞台でのイメージも残っており、天真爛漫な雰囲気がとてもあっているように思います(40歳男性/愛知県)」「ガッツがある感じが元気が出そうで良い(51歳女性/千葉県)」と、性格が合っているという声が寄せられました。
 

また、「実際舞台をしているし見れていないので見たい(46歳女性/その他)」「舞台をやっていて適任と思った(39歳女性/山梨県)」「千と千尋の神隠しの舞台での演技が素晴らしかったかです(21歳女性/大阪府)」など、演技力を絶賛する意見が多く集まりました。


>第8位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『千と千尋の神隠し』のハクを演じてほしい芸能人ランキング! 第1位は映画で“ある役”を演じていた⁉
『千と千尋の神隠し』のリンを演じてほしい芸能人ランキング! 2位「戸田恵梨香」を抑えた1位は?
『千と千尋の神隠し』の釜爺を演じてほしい芸能人ランキング! 「遠藤憲一」を抑えた第1位は?
『千と千尋の神隠し』の湯婆婆を演じてほしい芸能人ランキング! 「黒柳徹子」を抑えた圧倒的1位は!?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望