『千と千尋の神隠し』のハクを演じてほしい芸能人ランキング! 第1位は映画で“ある役”を演じた人気俳優

All About編集部は、全国の男女267人を対象に「ジブリ作品」に関するアンケートを実施(調査期間:10月13日~11月14日)しました。ジブリパークのオープンで再注目されているジブリ作品。今回は『千と千尋の神隠し』のハクを演じてほしい芸能人ランキングを発表します!

11月1日、自然豊かな公園の中にジブリの世界観を表現したジブリパークが、愛知県の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にオープンしました。『千と千尋の神隠し』など、人気作品の世界を体験できるエリアもあり、ジブリ作品が再注目されています。

All About編集部では、全国の男女267人を対象に「ジブリ作品」に関するアンケートを実施(調査期間:10月13日~11月14日)。今回は、『千と千尋の神隠し』のハクを演じてほしい芸能人ランキングを紹介します!

※画像出典:(c)2001 Studio Ghibli・NDDTM

ハクは、異世界に迷い込んだ主人公・千尋を支え、両親を取り戻せるように協力してくれる少年です。油屋を仕切る湯婆婆の弟子で、ミステリアスな雰囲気の謎多きキャラクターですが、実は千尋との関係性に秘密があり、物語の終盤でその全貌が明かされます。


>第7位までの全ランキング結果を見る

 

第3位:横浜流星(12票)

第3位に選ばれたのは、横浜流星さんでした。明るい好青年の役柄から、どこか影がある印象の役まで、高い演技力でさまざまな役を演じる人気実力派俳優です。端正な顔立ちと爽やかな雰囲気から、ハクを連想した人が多かったようです。
 

回答者からは「儚げな印象が合うと思ったから(32歳女性/静岡県)」「清いイメージがあっている為(31歳女性/埼玉県)」「ハクの綺麗な顔にぴったりだと思うから(20歳女性/北海道)」「大人っぽさとかっこよさ(36歳女性/徳島県)」「切れ長な目元がハクの目元を思わせるから(38歳女性/大分県)」など、雰囲気が合っているという声や、ビジュアルが似ているという意見が多く集まりました。
 

第2位:吉沢亮(20票)

第2位に選ばれたのは、吉沢亮さんでした。吉沢さんは、映画『銀魂』『キングダム』シリーズなど、今まで数々の実写化作品に出演しており、キャラクターの再現度の高さでも注目を集めています。
 

回答者からは「竜の化身といっても不思議ではない美しさがあるから(36歳女性/岡山県)」「すましている感じがあるからです(33歳男性/大阪府)」「とにかく綺麗な顔の俳優さんにハクを演じて欲しい(33歳女性/北海道)」「さわやかな見た目がハクとかぶるほかどこか哀愁を帯びている(50歳男性/秋田県)」など、美しいルックスがハクにぴったりという声が多数寄せられました。
 

第1位:神木隆之介(52票)

堂々の第1位に選ばれたのは、神木隆之介さんでした! 神木さんは幼少期から子役として活躍しており、映画『千と千尋の神隠し』では、湯婆婆の子ども・坊の声を担当しました。大人に成長した神木さんにハクを演じてほしい! という声が届いています。
 

回答者からは「映画で声優をしていたからです(33歳女性/神奈川県)」「声優もつとめていたので印象がある(25歳女性/山形県)」と、やはり映画での印象が強いようです。
 

また、「ハクのキリッとした顔立ちと雰囲気がピッタリだと思ったので(52歳女性/茨城県)」「細くて白いイメージもあるが、大人になって芯がある感じがしてハクにピッタリ(33歳女性/北海道)」「ハクのミステリアスなイメージに合うから(36歳女性/神奈川県)」「ハクの美しさと繊細さがぴったり似合うと思い選びました(33歳女性/茨城県)」など、雰囲気と演技力から神木さんを選んだ人も多くいました。


>第7位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『千と千尋の神隠し』の千尋を演じてほしい芸能人ランキング! 圧倒的支持を得た第1位は?
『千と千尋の神隠し』のリンを演じてほしい芸能人ランキング! 2位「戸田恵梨香」を抑えた1位は?
『千と千尋の神隠し』の釜爺を演じてほしい芸能人ランキング! 「遠藤憲一」を抑えた第1位は?
『千と千尋の神隠し』の湯婆婆を演じてほしい芸能人ランキング! 「黒柳徹子」を抑えた圧倒的1位は!?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」