乃木坂46「この顔になりたい」歴代メンバーランキング! 3位 橋本奈々未、2位齋藤飛鳥、1位は?

All About編集部は、「乃木坂46」に関するアンケート調査を全国389人を対象に実施。調査結果から、今回は「この顔になりたいと思う歴代メンバー」について聞いた結果をランキング形式で紹介します!(サムネイル画像出典:プレスリリース)

齋藤飛鳥さん(画像出典:プレスリリース

今や国民的アイドルグループとなった乃木坂46。清楚(せいそ)でかわいらしいメンバーは、同性からも異性からも憧れの的となっています。

All About編集部は9月22日〜11月7日の期間、「乃木坂46」に関するアンケート調査を全国389人を対象に実施。調査結果から、今回は「『この顔になりたい』と思う歴代メンバー」について聞いた結果をランキング形式で紹介します!

>14位までのランキング結果
 

第3位 橋本奈々未(42票)

3位にランクインしたのは橋本奈々未さんでした。

橋本さんは、2011年に乃木坂46・1期生のオーディションに合格。2017年2月20日にグループを卒業しました。

グループ在籍時にモデルとしても活躍しており、2015年からグループ卒業まで、女性ファッション誌『CanCam』(小学館)の専属モデルを務めました。また、俳優としても活躍しており、2013年に月9ドラマ『SUMMER NUDE』(フジテレビ系)に出演。乃木坂46のメンバーとして初の月9ドラマレギュラー出演を果たしました。

回答者からは、「短髪の似合うクールな顔立ちをしているため(20代男性)」「ショートカットもすごく似合っていたし、整った顔ですごく憧れます(20代女性)」「ひと目見て美人だとわかるし、男性女性どちらから見ても憧れる顔だと思うから(30代男性)」「美人で鼻が高く目が大きい、一生の憧れ(20代女性)」「知性と美しさが見れる表情をもっているから(50代男性)」など、クールで美しい顔立ちに同性からも異性からも憧れの声が寄せられました。
 

第2位 齋藤飛鳥(83票)

2位にランクインしたのは、齋藤飛鳥さんです。

齊藤さんは、2011年に乃木坂46・1期生オーディションに合格。先日、2022年12月31日をもってグループを卒業することが発表されました。

齊藤さんは、 アイドル界最小とも言われる小顔の持ち主で、その抜群のスタイルを生かしてモデルとしても活躍。2015年には女性ファッション誌『CUTiE』(宝島社)史上初の専属モデルに抜てき。同年8月に『CUTiE』が休刊となると、女性ファッション誌『sweet』(宝島社)のレギュラーモデルに起用されました。

回答者からは、「お顔が小さく目がぱっちりしていて非の打ち所がないからです(20代女性)」「可愛い上にとにかく顔が小さくて羨ましい(30代女性)」「顔が小さくてパーツが大きくてパーフェクト(30代女性)」「小顔で可愛すぎる。私もマスクをして顔がほとんど隠れるくらい小顔になりたい(20代女性)」「美人と可愛いのどちらの要素も兼ね備えた顔だと思うため(10代女性)」など、圧倒的な小顔を絶賛する声が多数寄せられました。
 

第1位 白石麻衣(125票)

栄えある第1位に選ばれたのは、白石麻衣さんです!

白石さんは、グループ在籍時からモデルとしても活躍。2013~2018年には女性ファッション誌『Ray』(主婦の友社)の専属モデルを、2012~2018年には女性ファッション誌『LARME』(LARME)のレギュラーモデルを務めました。また、2017年に発売された2nd写真集『パスポート』(講談社)は、累計発行部数50万部を超える異例の大ヒットとなりました。

回答者からは、「どの角度から見ても、どんな表情をしても美しいです(60代女性)」「初期のころから顔が整っていて年齢を重ねてもずっときれいなので選びました(20代女性)」「女神のような美しさと、あどけなさを兼ね備えているから(20代女性)」「色白で、目鼻立ちがくっきりで可愛いから(30代女性)」「かわいい、綺麗、美しい、肌が白い、透き通っている、パーフェクトです! (30代女性)」など、美しい顔立ちに憧れの声が多数寄せられました。


※回答コメントは原文ママです。


>次ページ:14位までのランキング結果


【おすすめ記事】

乃木坂46「卒業後活躍しているメンバー」ランキング! 3位 生田絵梨花、2位 西野七瀬、1位は?
乃木坂46「演技がうまい歴代メンバー」ランキング! 3位 白石麻衣、2位 生田絵梨花、1位は?
乃木坂46「歌がうまい歴代メンバー」ランキング! 同率3位 中西アルノ、白石麻衣、2位 久保史緒里、1位は?
乃木坂46「1番好きな歴代メンバー」ランキング! 3位 齋藤飛鳥、2位 生田絵梨花、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」