乃木坂46「卒業後活躍しているメンバー」ランキング! 3位 生田絵梨花、2位 西野七瀬、1位は?

All About編集部は、「乃木坂46」に関するアンケート調査を全国389人を対象に実施。調査結果から、今回は「卒業後活躍しているメンバー」について聞いた結果をランキング形式で紹介します!(サムネイル画像:プレスリリースより)

西野七瀬さん(画像出典:プレスリリース

今や国民的アイドルグループとなった乃木坂46。グループ結成から11年を迎え、新たなメンバー加入とともに数々のメンバーがグループから卒業していきました。

All About編集部は9月22日〜11月7日の期間、「乃木坂46」に関するアンケート調査を全国389人を対象に実施。調査結果から、今回は「卒業後活躍しているメンバー」について聞いた結果をランキング形式で紹介します!

>18位までのランキング結果
 

第3位 生田絵梨花(169票)

3位にランクインしたのは、生田絵梨花さんでした!

生田さんは、2011年に乃木坂46・1期生のオーディションに合格。2021年12月31日にグループを卒業しました。

舞台やドラマ、映画のほかにも、持ち前の歌唱力を生かしミュージカル俳優としても活躍しています。また、2022年4月からは、音楽番組『Venue101』(NHK総合)で番組MCも務めるなど、グループ卒業後も活躍の幅を広げています。

回答者からは、「歌唱力がすごくてミュージカルなどで活躍してしているから(20代女性)」「ミュージカル、ドラマと仕事が立て続けに入っている。バラエティーも時々出ていてすごいと思う(40代男性)」「実力派として認められているイメージ(30代女性)」「舞台、ドラマ、映画や音楽番組の司会まで上手にこなしていてテレビCMでもよく見るから(30代男性)」「テレビドラマやバラエティ、映画やミュージカルなど多方面で活躍しているため(20代男性)」など、卒業後も多方面で活躍が見られるという声が多く寄せられました。
 

第2位 西野七瀬(171票)

第2位にランクインしたのは、西野七瀬さんです!

西野さんは、2011年に乃木坂46・1期生のオーディションに合格。2018年12月31日にグループを卒業しました。

グループ卒業後は、俳優としての活躍が目覚ましく、数々のドラマや映画に出演しています。2021年に出演した映画『孤狼の血 LEVEL2』では、第45回日本アカデミー賞の優秀助演女優賞・新人俳優賞を受賞しました。

回答者からは、「映画やドラマ、CMにバラエティと顔を見ない日がないからです(30代女性)」「女優として数多くの作品に出演されており、演技力の高さから評価されている姿に活躍されていると強く感じます(30代女性)」など、数々の作品での出演を見かけるという声や、「『あなたの番です』がかなり話題になったから(10代男性)」「『アンサングシンデレラ』や色んなドラマに出ていることがおおいなって思いました(20代男性)」など、出演作品が印象的という声が見られました。
 

第1位 白石麻衣(180票)

栄えある第1位に輝いたのは、白石麻衣さんです!

白石さんは、2011年に乃木坂46・1期生のオーディションに合格。2020年10月28日にグループを卒業しました。

卒業後は俳優、モデル、タレントとして活動しており、さまざまなドラマ、CM出演のほか、自身のYouTubeチャンネル『my channel【白石麻衣 公式】』を開設し、チャンネル登録者数が140万人を超える(11月11日現在)など話題となりました。

回答者からは、「ドラマで俳優として出演していたり、ファッション誌で見かけるるから(30代女性)」「テレビだけではなく、商品のポスターや雑誌などでも目を引くから(30代女性)」「バラエティ番組のMCをしたりCMやドラマなど様々な場面で目にするので選びました(20代女性)」「雑誌の表紙や映画に出演するなど活躍の幅が広がっているから(30代女性)」「俳優としても見かけるけど、YouTubeで成功していると思います(40代女性)」など、卒業後の幅広い活躍を称賛する声が寄せられました。


※回答コメントは原文ママです。


>次ページ:18位までのランキング結果


【おすすめ記事】

乃木坂46「この顔になりたい」歴代メンバーランキング! 3位 橋本奈々未、2位齋藤飛鳥、1位は?
乃木坂46「演技がうまい歴代メンバー」ランキング! 3位 白石麻衣、2位 生田絵梨花、1位は?
乃木坂46「歌がうまい歴代メンバー」ランキング! 同率3位 中西アルノ、白石麻衣、2位 久保史緒里、1位は?
乃木坂46「1番好きな歴代メンバー」ランキング! 3位 齋藤飛鳥、2位 生田絵梨花、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」