ダンスが上手だと思う「KARA」のメンバーランキング! 2位「スンヨン」を抑えた1位は?

約7年ぶりに活動を再開するK-POPグループ「KARA」。ダンスパフォーマンスが魅力の彼女たちの中で「ダンスが上手」なメンバーといえば? All About編集部の独自調査から「ダンスが上手だと思う『KARA』のメンバー」ランキングを発表します。

11月に活動を再開する「KARA」(画像出典:RBW)
11月に活動を再開する「KARA」(画像出典:RBW

かつて“ヒップダンス”で社会現象を巻き起こしたK-POPグループ「KARA」が、2022年11月、約7年ぶりに活動を再開することが明らかになりました。2016年の活動休止時メンバーであるギュリさん、スンヨンさん、ヨンジさんに加え、2014年に脱退したニコルさん、ジヨンさんもカムバック。5人での活動再開に、SNSでは歓喜の声が上がっています。
 

All About編集部では9月20日~11月7日、全国10~60代の男女296人を対象に「KARA」に関する独自アンケート調査を実施。その結果から「ダンスが上手だと思う『KARA』のメンバー」ランキングを発表します。
 

>5位までの全ランキングを見る
 

2位:スンヨン(69票)

第2位はスンヨンさん。2007年にKARAのメンバーとしてデビューし、かわいらしい顔立ちから「ハムスター」の愛称で親しまれました。
 

2016年以降はソロで活動し、ミニアルバム『宇宙』などをリリース。また、2023年公開予定の映画『最悪の隣人と恋に落ちる方法:Untact Love』でヒロインを務めるなど、俳優としても活躍しています。
 

回答者からは「アイドルらしい可愛いダンスを踊る(20代女性/愛知県)」「ダンス中の表情も含めて、とても可愛らしく踊っているから。腰のキレがある(20代男性/大阪府)」「ダンスがキュート(40代女性/愛知県)」など、「かわいらしい」「キレがある」といった意見が多数寄せられました。
 

そのほか「KARAのイメージにあっていて、みていて楽しい(20代男性/東京都)」「見せ方が上手くオーラがあるのかどこにいても目に入る(20代女性/北海道)」「表情も良いですし、ダンスも躍動感があって目立つからです(30代女性/神奈川県)」などの意見も見られました。
 

1位:ニコル(172票)

第1位はニコルさんでした。2007年にKARAのメンバーとしてデビューし、明るく元気な人柄で親しまれました。
 

2014年にKARAを脱退するとソロアーティストとして活動。2022年6月には3年ぶりとなる来日公演『ニコルSpring Wave 2022』を開催しています。脱退後はアメリカでダンス修行に励んでいたというニコルさん。カムバック後はどんなダンスパフォーマンスが見られるのか、期待が高まりますね。
 

回答者からは「切れがよい。ミスターのとき、ニコルのダンスに釘付けだった(30代男性/愛知県)」「昔の曲では絶対気づいたらニコル目で追うほど綺麗に踊っているイメージ(20代女性/埼玉県)」「自然と目が行く(20代女性/広島県)」など、「目で追ってしまう」「惹きつけられる」などのコメントが集まりました。
 

「力強くかっこいいダンスがとても上手なイメージで、可愛く踊ろうというより人を惹きつける踊り方をするからです(20代女性/京都府)」「セクシーで一番見ていて魅了されるダンスをするから(30代女性/兵庫県)」など、「セクシーなダンスに魅了される」という人も。
 

そのほか「素晴らしいリズム感の持ち主です(50代男性/東京都)」「腰使いやリズムのとりかたがとても上手いと思う(30代女性/長崎県)」というコメントも届きました。
 

>5位までの全ランキングを見る
 

 

【おすすめ記事】
「KARA」の好きなメンバーランキング! 2位「ニコル」を抑えた1位は?
「一番好きな女性アイドルグループ」ランキング! 「NiziU」「Perfume」を抑えた1位は?
歌がうまいと思う「KARA」のメンバーランキング! 2位「ギュリ」、1位は?
KARA、7年ぶり活動再開にファン歓喜! ギュリ「すぐ皆さんに会いに行きます」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは