「KARA」の好きなメンバーランキング! 2位「ニコル」を抑えた1位は?

7年ぶりの活動再開が発表され、注目を集めている韓国のガールズグループ「KARA」。All About編集部が独自に実施した「KARA」に関するアンケート調査から、「KARAの好きなメンバー」ランキングを発表します!

約7年ぶりのカムバックを発表した「KARA」(画像出典:RBW)
約7年ぶりのカムバックを発表した「KARA」(画像出典:RBW

2016年以降活動を休止していた韓国のガールズグループ「KARA」が、約7年ぶりにカムバック! 11月29日にデビュー15周年記念アルバムをリリースし、メンバー5人で活動を再開することが明らかになりました。
 

All About編集部では9月20日~11月7日、全国10~60代の男女296人を対象に「KARA」に関する独自アンケート調査を実施。ここでは「KARAの好きなメンバー」ランキングを発表します!
 

>5位までの全ランキングを見る
 

2位:ニコル(85票)

第2位はニコルさん。2007年にKARAに加入し、多くの楽曲でラップを担当しています。
 

2014年に1度KARAを脱退すると、同年11月に韓国でソロデビュー。2022年7月には新曲『YOU.F.O』をリリースし、日本の音楽フェスでも披露しました。KARAとしての活動再開後もソロ活動を並行していくとのことで、11月1日にはファンクラブをリニューアルオープン。ファンクラブ限定イベントなどを企画し、本格的なソロ活動に向けて準備を進めているようです。
 

回答者からは「笑顔が最高に似合うから。二コルがいるだけで場が明るくなるのが好きです(30代女性/兵庫県)」など、「笑顔がかわいいから」という理由が多数寄せられました。

そのほか、「とても努力家だから(30代女性/埼玉県)」「ラップもボーカルもダンスも得意だから。クールからセクシーまであらゆるジャンルが得意だから(30代女性/秋田県)「トリリンガルと語学も堪能で、可愛いだけでなくかっこよさも兼ね備えていると思う(30代女性/滋賀県)」などの声も寄せられました。
 

1位:ジヨン(96票)

第1位に輝いたのはジヨンさんでした。2008年、当時中学生でKARAに加入したジヨンさん。KARAのメンバーでは最年少で、「マンネ(韓国語で“末っ子”)」「ジャイアント・ベイビー」などの愛称で親しまれてきました。
 

2014年に1度KARAを脱退すると、「知英」名義で日本を中心に女優活動を開始。ファッション雑誌『non-no』(集英社)のレギュラーモデル起用や、映画『暗殺教室』への出演などで注目を集めました。2016年には「JY」名義でソロでの歌手活動を開始し、『好きな人がいること』など数々の楽曲をリリースしています。
 

回答者からは「美人でスタイルが良いが、愛嬌もあって可愛い(20代男性/東京都)」「一番年下で愛嬌があって好きです(30代女性/栃木県)」「マンネで天真爛漫で可愛いから(30代女性/千葉県)」「前はチャーミングな印象で、それはそれで好きでしたが、今はすっかり大人の女性になって綺麗だなぁって思います(30代女性/愛知県)」などの声が寄せられました。
 

また、「容姿も可愛いですが、日本のことをとても好きでいてくれているところに好感が持てます(20代女性/京都府)」「日本のドラマでも活躍してくれたり、日本のオリジナル曲をだしてくれたりして嬉しかったです(20代女性/神奈川県)」などの声も寄せられました。2021年以降は韓国での活動に注力しているジヨンさんですが、日本で幅広く活躍していたことに好感を抱く人も多いようです。
 

>5位までの全ランキングを見る
 

 

【おすすめ記事】
「一番好きな女性アイドルグループ」ランキング! 「NiziU」「Perfume」を抑えた1位は?
歌がうまいと思う「KARA」のメンバーランキング! 2位「ギュリ」、1位は?
ダンスが上手だと思う「KARA」のメンバーランキング! 2位「スンヨン」を抑えた1位は?
KARA、デビュー15周年で元メンバーが集合写真を続々公開 「5人のショットに感動」「ずっと大好き」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応