手取り15万円、50代独身男性が語る老後の不安「食料品は少しでも安いものを」

All About編集部のアンケートで、現在の生活について伺いました。手取り15万円。宿泊業のアルバイトで働く50代独身男性(愛知県在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。

50代独身男性が語る暮らしのリアル(画像はイメージ)

手取り15万円。宿泊業のアルバイトで働く50代独身男性(愛知県在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。
 

「年金生活になった時に余裕をもって暮らせるか不安」

All About編集部のアンケートで、現在の生活について以下のように語ってくれました。


「生活をしていくには何とか足りているが、もう少し余裕があれば、旅行や食事などの趣味にお金を振り分け、生活を充実させられるのではないかと感じる。また貯蓄や資産運用に回せるお金を確保できれば、入院など万が一の大きな出費や、老後の資金を貯めておくことが出来るのではないかと思う。現状では貯蓄などに回せる金額も少ないため、なかなか思うような金額を貯めることができていない。もう少し、収入を増やせれば良いと感じている」と、万が一のときの安心と生活の充実のために収入を増やしたいとのこと。


「現状の生活を維持するだけの収入はあるが、今後、年金生活になった時に余裕をもって暮らせるか不安に感じる。現在の仕事はアルバイトであるため、今後収入が増えていく可能性はあまりない。十分な資産を作ることは困難であると感じるが、自分の能力や年齢的な問題もあり、充分な収入を得られる仕事を得られるかどうか希望を持てない。副業など収入の幅を増やしていきたいとも思うが、周囲に相談できる人もおらず困難を感じる」と、老後にも不安があるそうです。


「もう少し収入を得られる仕事へ転職できれば良いと思う。また自分がこれまでやったことのない事であっても、何かしらの副業を行い収入を増やすことができればと思う。収入に余裕ができれば満足な額の貯金も出来るようになると思うし、日常の買い物などでもあまり我慢せずに物を買うことができるようになり、精神的なゆとりを持てるようになると思う」と、転職や副業も検討している様子。


節約術も伺ったところ「特別に行っていることはないが、食料品など購入する際には、少しでも安いものを購入するようにしています。また、楽天ポイントやTポイントなどポイントは積極的に貯めるようにして、普段の買い物の足しになるように意識しています。欲しい物があった場合でもそれが本当に必要な物かどうか、よく考えてから購入するようにしています」と答えてくれました。


【おすすめ記事】
「手取り15万円」できついと思うこと 2位「貯金ができない」、1位は? 
「手取り20万円」できついと思うこと 3位「イレギュラーな出費への対応」、2位と1位は?
年収420万円では旅行さえできない? 50代女性「カフェ代ゼロ」余裕のない暮らしを語る
手取り13万円以下の40代女性「出費が増えるから友達を増やさないようにしている」
手取り13万、20代独身女性「休みの日は真っ暗にして永遠寝る。それが一番の節約術」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」