「好きな芸能人YouTuber」ランキング! 3位「仲里依紗」、2位「江頭2:50」、1位は?

All About編集部は10月3~11日、全国10~70代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施。「好きな芸能人YouTuber」ランキングで1位に選ばれたのは?

江頭2:50(画像出典:プレスリリース

今や芸能人にとって、テレビと並ぶ活動拠点となっているYouTube。視聴者との距離が近く感じられ、さらに自由な発信が可能なことから、最近ではYouTuberデビューする芸能人も少なくありません。
 

All About編集部は10月3~11日、全国10~70代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「好きな芸能人YouTuber」ランキングを紹介します!
 

>14位までの全ランキング結果を見る

 

3位:仲里依紗

3位にランクインしたのは、俳優としてドラマや映画で活躍中の、仲里依紗さんでした。夫は俳優・中尾明慶さん。俳優さんなのに、こんなにぶっちゃけていいの!? という声が多く聞かれるほど、飾らない動画をアップしている仲さん。自宅の風景や日常をそのまま見ることができ、ファンからはうれしい悲鳴が。さらに面白いチャレンジに挑戦している姿も好評です。
 

選んだ理由には「おしゃれで可愛くて気取ってなくて好き」(東京都、20代女性)、「テンション高くて面白いです。爆買い動画等から見られるぶっ飛んだファッションも面白いです」(埼玉県、30代女性)、「女子力の勉強になる。サバサバ感が好き」(神奈川県、30代女性)などが挙げられました。

 

2位:江頭2:50

2位にランクインしたのは、独特の芸風で人気のお笑いタレント・江頭2:50さん。笑いのセンス、そして企画力がすごいと評判で、さらに江頭さんの人柄を評価する声も多く聞かれます。今まであまり興味がなかったのに、YouTubeを見てファンになったという人も多いそう。お金をかけたり、誰かとコラボしたりということもなく、とにかく江頭さんのネタが面白くて好き! という感想が多かったのが印象的でした。
 

回答理由に「忖度がなくて面白い」(北海道、20代男性)、「過激な芸風と素の時のいい人オーラがにじみ出ているギャップが好きだから」(東京都、40代男性)、「いつも企画が面白く、テレビでは放送できない内容だが、エガちゃんの人柄の良さが伝わる感動する内容のものも多いから」(千葉県、40代男性)などの声が寄せられました。

 

1位:ジャにのちゃんねる(二宮和也、中丸雄一、山田涼介、菊池風磨)

そして1位に選ばれたのは、二宮和也さん、中丸雄一さん、山田涼介さん、菊池風磨さんが結成したYouTubeオリジナルのユニットで配信する、ジャにのちゃんねるでした。モットーは緩く、楽しく、我々らしく。ジャニーズのグループを越えた組み合わせで、たくさんのチャレンジ動画を投稿しています。また、出演番組の舞台裏など、ファンには貴重なシーンも多数。表舞台ではなかなか見られない、メンバーたちの自然な表情が人気となっています。
 

回答では「仲が良くてほっこりするので」(新潟県、40代女性)、「ジャニーズなのにキラキラ感がなくて、さらっと進める所が面白い」(兵庫県、40代女性)、「ジャニーズが元々好きで、いろんなジャニーズの話から聞ける。何よりみんな仲良くてみてて面白い」(兵庫県、30代女性)などの声が聞かれました。
 

>14位までの全ランキング結果を見る


※回答コメントは原文ママです。


【おすすめ記事】
「好きなYouTuber」ランキング! 「東海オンエア」「はじめしゃちょー」を抑えた1位は?
高校生が好きなYouTubeチャンネルランキング! 3位「スカイピース」、2位「コムドット」、1位は?
「面白いと思う芸能人YouTuber」ランキング! 「仲里依紗」「江頭2:50」を抑えた1位は?
「面白いと思うYouTuber」ランキング! 3位「はじめしゃちょー」、2位「東海オンエア」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応