春夏秋冬ブレずに「同じ服」? 趣味の関係で「ピタピタ服」を愛用? 通勤服でやけに主張する人々

会社ごとに規則があったりなかったり。人それぞれに感じ方も違う「通勤服」は、迷い始めたらきりがありません。All About編集部では、全国に住む10~60代の男女500人を対象に、通勤服に関するアンケート調査を実施。今回は、仰天のセンスを見せつけた「伝説の猛者」たちのエピソードを紹介します。

会社ごとにルールもさまざま、人それぞれに賛否も分かれる「通勤服」。All About編集部が全国に住む10~60代の男女500人を対象に実施した「通勤服に関するアンケート調査」から、仰天の通勤服で現れた猛者たちのエピソードを紹介しましょう。
 

真面目? おふざけ? びっくりセンスの持ち主たち

「新入社員が海パンで通勤してきて、上司から海に行くのかと怒られていた(30代・女性)」


「会社についてから着替えるタイプの人がいて、暑い日はTシャツに水着で出社していました(40代・男性)」


「花火大会がある日に、20代女子社員が浴衣で出勤してきたときはびっくりした。過去に甚平で来た人がいたという話を聞いてさらに驚いた(40代・女性)」

夏ならではの解放感か、お祭りモードか、自由な人たちは意外と存在するようです。中には、通勤スタイルに合わせた服装を貫く人も。


「趣味がランニングの人がいて、仕事終わりに走って帰るからと、出勤時はランニングシャツとランニングパンツ姿、会社のトイレでスーツに着替え、仕事をし、退社時間にまたランニング仕様に着替え、お疲れさまでーすって颯爽と帰る社員がいました(30代・女性)」


「自転車が趣味な人が、ピタピタの競技用の服で出勤(40代・女性)」
 

独特のセンスを貫くこんなツワモノたちも……

「通勤服として上下デニムを来て通勤している人がいて、デニムおじさんと呼ばれていました(20代・女性)」
 

「コスプレなのかな?と思う通勤服を着てくる女子社員がいた(50代・女性)」
 

「春夏秋冬関わらず同じ服装での男性スタッフがいます。半袖半ズボン下駄です(30代・女性)」
 

ここまで突き抜けるともう許されてしまう雰囲気もありそうです。


「50代男性上司が短パンで嬉しそうに廊下を歩いており、似合うでしょ!と楽しそうに問いかけてきたので、絶句しました(20代・女性)」
 

「前日とまったく同じ通勤服を着てきた女性社員。お泊りしたのがバレバレなんですが、堂々としすぎて逆に突っ込めなかった(30代・女性)」
 

「同僚が前職の制服を勤務服として利用しています。ブレザー・ベスト・ブラウス・タイトスカートのよくある事務服なのですが、さすがにどうなんだろう(20代・女性)」


驚きの通勤服を貫いている人、皆さんの周りでも見かけたことはありますか。本人が楽しんでいる、悪びれる様子がない、確信犯的のものは、取り扱いに困ることもありますね。
 

【おすすめ記事】
「息子の制服」で上司が登場?衝撃「ノーブラ出勤」で波乱の一日に? 通勤服の恥ずかしすぎる大失敗
「新入社員だから“ちゃんと”」って?ジャージ姿で通勤? 本当にあった衝撃の「通勤服」エピソード
ピアス不可の理由が「男性社員に色目を使っているから」は衝撃! 理不尽すぎる、通勤服ルール実話
「パート面接で「あなたに制服のこのスカート履けます?」ってセクハラ案件! 制服がある会社の仰天実話
「通勤服」の常識・非常識! シースルー、ヒョウ柄、キラキラ系ファッションは通勤服に不適切なの?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても