「通勤服」の常識・非常識! シースルー、ヒョウ柄、キラキラ系ファッションは通勤服に不適切なの?

通勤服に派手な服や個性的すぎる服は不適切だと思いますか? All About編集部では、全国に住む10~60代の男女500人を対象に、通勤服に関するアンケート調査を実施しました。回答の中から、今回は、通勤服についての「価値観の違い」をテーマに、寄せられた声を紹介します。

服装に関する好みは人それぞれ。それは仕事服におけるアリ・ナシにも色濃く反映されます。今回は、All About編集部が全国に住む10~60代の男女500人を対象に実施した「通勤服に関するアンケート」調査から、通勤服の価値観の違いについての声をお届けします。同じ服でも、捉え方は本当にいろいろです。

 

派手な服、個性的すぎる服はNG!「きれいめ服」推奨派の意見

「派手な服装や下品な服装はダメだと言われているのに、トップスがかなりのシースルーな服で通勤している人がいて驚いた(40代・女性)」


「オープントゥの靴がNGなのですが、営業の上司がオープントゥな上にヒョウ柄の靴を履いてきて、それはないだろうと思った(30代・女性)」


「キラキラした模様つきの服で出勤し、そのまま働いている友人がいる。事務職で(40代・男性)」
 

「ハーフパンツにビーチサンダルで出勤した派遣社員が……。社長に挨拶後、その部門長がすぐ呼び出されていた(40代・女性)」


「服装が自由な会社で働いてるアルバイトの子が、ミニスカートやヒョウ柄など結構奇抜な服装で出社して社員にひかれていました(20代・女性)」
 

「夏場に麦わら帽子を被って来た人がいました。帽子について特にルールはないのですが違和感満載でした(30代・男性)」


「お腹が見えるタンクトップを着た女性がいた。さすがに遊びに行く服装ですよね(40代・男性)」


「夏のある日。女優帽に割とボディラインの出るトップスを合わせショートパンツで出勤してきた女性。その後、服装規定が厳しくなりました(30代・女性)」
 

なぜ怒られたか分からない……「通勤服は緩くてもいい」派の意見

「ワンピースで出社したら、キャバクラでバイトしているような格好だと怒られた(20代・女性)」
 

「私服は自由なのに、なぜかデニムは良くないと言う上司がいたこと(20代・男性)」
 

「オフィスカジュアルを認めている弊社。デニム、スニーカーはOKなのに、ノースリーブでの出勤をしたら注意を受けた。理解に苦しむ(20代・女性)」
 

「弊社は、ビーチサンダルやハーフパンツでの出勤オッケー」(20代・男性)
 

業種や職種、仕事スタイルや社風など、オフィスといってもさまざまです。自分の中では常識になっている通勤服も、他人にとっては非常識に見えることもあるという今回のエピソードの数々。勤務する会社の雰囲気に合わせて臨機応変に対応する必要がありますね。

【おすすめ記事】
「息子の制服」で上司が登場?衝撃「ノーブラ出勤」で波乱の一日に? 通勤服の恥ずかしすぎる大失敗
「新入社員だから“ちゃんと”」って?ジャージ姿で通勤? 本当にあった衝撃の「通勤服」エピソード
ピアス不可の理由が「男性社員に色目を使っているから」は衝撃! 理不尽すぎる、通勤服ルール実話
「パート面接で「あなたに制服のこのスカート履けます?」ってセクハラ案件! 制服がある会社の仰天実話
春夏秋冬ブレずに「同じ服」?趣味の関係で「ピタピタ服」を愛用? 通勤服でやけに主張する人々

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは