結婚相手に「年収1000万円」を望むあなたはズレている? カリスマ婚活アドバイザーが語る結婚の「技術」

「結婚したいと思ったとき、結婚できるかどうか、それは相応の『技術』を持っているかである」。1000組以上のカップルを成婚へと導いてきたカリスマ婚活アドバイザーの植草美幸さんに、結婚を手にする極意を聞きました。

しかるべき年齢になったら「結婚できる」、いずれ「するもの」……かつて結婚は、多くの人にとってそんなライフイベントでした。それがライフスタイルの多様化という昨今の流れに加え、急に降ってきたコロナ禍で、人々の結婚観や仕事観は劇的に変化。


「いつか王子様が……」と運命の相手が現れるときを待っているのなら、自ら出会いを求めて行動を起こす必要があるのかもしれません。しかし、今まさに婚活を頑張っているのに結果が出ないという人は、早急にやり方を変える必要があるのかもしれません。

 

今、婚活に必要なのは「技術」といえるワケ

「結婚したいと思ったとき、結婚できるかどうか、それは相応の『技術』を持っているかである」と言うのは、カリスマ婚活アドバイザーとして知られる植草美幸さん。婚活は、運命や偶然に身を任せるのではなく「技術」こそが必要と語ります。最新刊『結婚の技術』(中央公論新社)の中で、断言しています。
 

「技術」という言葉を辞書で調べると、「訓練により身につけた、物事を巧みに行う能力」。英語で言うと、テクニック、スキルにあたります。つまり、訓練して結婚できる自分になる能力を身につけること、それが婚活

 

常日頃、私は「結婚したい時が結婚適齢期です」と申し上げています。だからこそ、今はまだ結婚する気がなくても、いつでも「結婚できる自分」になっておくこと

では、「結婚できる自分」になるために必要な技術とは? 実際にあったエピソードを交えながら、自身の市場価値を高めるために実践すべきことを紹介します。
 

1. 自己分析の技術……あなたと結婚するメリットは何?

多い日は1日15人ものカウンセリングを行っているという植草さんは、婚活で迷走しがちな人にこう問いかけるといいます。
 

「恋愛がしたいの? 結婚がしたいの?」

恋愛の感覚で婚活を始めてしまうと、好きなタイプ、ハイスペックな理想像ばかりが先行してしまいがち。「ろくな男がいない」と口にしてはいませんか。1つショッキングな事例をご紹介しましょう。
 
35歳で年収450万円の女性が、30歳で年収3800万円のハイスペックな男性に申し込みをしたところ、男性からクレームが入ったというのです。

 

「5歳年上で、年収が9分の1の女性と結婚するメリットってなんですか?」

 
結婚は双方にメリットがなければ実現しないもの。自分のことを棚に上げて、ハイスペックな相手を求めてもマッチングはしません。どうすれば理想の相手に選ばれる存在になれるのか自己分析を行い、不足する部分があれば改善する。理想像についても冷静に考える必要があります。まずは自分自身を知り、現実を見る技術を身につけなければなりません。
 


>次ページ「年収1000万円の男性」を求める理由は?
 

【おすすめ記事】
結婚相手に「年収600万以上」は高望み? 玉のこし婚を諦めた女性のリアル 
“婚活バナ”を女友達にするのはNG? 人間関係を破綻しうる噂話の悲劇
たった3割。それでも「絶対に専業主婦になりたい」と願う港区女子の奮闘
40代婚活、親の介護が重なって……「早く結婚すればよかったという後悔でいっぱい」
「なんかいいよね」男性の心をつかむ女性の「3つの言動」って?モテテクを伝授
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在