HIKAKIN、「YouTube人生の中で1番大きい企画」動画をヒカルから“指摘”受け非公開へ「公開して欲しい」の声が続出

YouTuberのHIKAKINさんが10月2日、約2カ月前に公開した『ヒカキンおにごっこ』の動画について、「不正だと言われても仕方がないミス」があったとして非公開にしたと報告しました。なお、ヒカルさんは3日19時半から経緯説明の動画を公開すると発表しています。

YouTuberのHIKAKINさんが10月2日、自身のYouTubeチャンネル「HikakinTV」で動画を更新。約2カ月前に公開した「ヒカキンおにごっこ」の動画について、YouTuberヒカルさんから“指摘”を受け事実確認をしたところ、「不正だと言われても仕方がないミス」があったとして非公開にしたと報告しました。
 

「わざとのミスでもないのだから、公開して欲しい」


HIKAKINさんは動画内で、共通の知人を介してヒカルさんから「緊急で話したいことがある」と連絡を受け、オンラインで会話をしたと明かしました。ヒカルさんからは、「ヒカキンおにごっこ」で「当時の『おにごっこ』関係者の間で撮影中に逃げ切った人の数を少なくするための不正があったのではないか」「ゲーム終盤に10分間の延長が突然行われたのではないか」という声が上がっているという指摘だったことを話しています。
 

企画の関係者へ事実関係をしたところ、想定外の事実が2点判明。1つはカメラマンの転倒による負傷とカメラの破損、もう1つは参加者の体調に違和感があるとの申し出でした。本来であれば、カメラマンと参加者のケア中はゲームを中断すべきだったところを、できていなかったと説明しました。
 

結果的に、ケアをしていた約10分間、“あいまい”な時間が生じてしまい、HIKAKINさんは制作チームへ約10分の撮り直しを依頼。しかし、ここで参加者と制作側の伝達ミスが生じ、「アクシデントの詳細や10分間やり直したいという説明がないまま、時間調整だけが行われていた」ことが発覚しました。
 

「もし僕がチャレンジャー側の立場だったら、何の説明もないままいきなり10分時間が伸びたことになるので、間違いなく僕でも不信に思っていたと思います。不正だと言われても仕方のないミスだった」「企画規模を甘く見ていた、主催者である僕の責任」とし、参加者へ謝罪しました。
 

ファンからは「このミス一つで非公開にするのは違うと思う」「所詮YouTubeの企画なんだから、ちょっとくらい至らない点があってもいいやん」「そんなに謝らないで欲しい」「わざとのミスでもないのだから、公開して欲しい」と、動画を非公開にしなくてもいいのでは、という声が相次いでいます。また、「一切隠ぺいをしないのは配信者どころか一人の人として本当にすごい」「本当にYouTuberの鑑」とHIKAKINさんを称賛する声も寄せられました。
 


本件に関してヒカルさんは10月2日に更新した自身のTwitterおよびHIKAKINさんの動画コメントで、「色々と誤解されてる方も多いみたいなので明日19時半にヒカルチャンネルでHIKAKINさんに連絡した経緯などを説明します」とコメントしています。
 


>次ページ:HIKAKINさんの日常投稿を見る!
 


【おすすめ記事】
HIKAKIN、「怪我など一切なく、無事でした」と報告。イベント乱入の不審者に接触されたことを受け
女性が選んだ“令和のハイスペ男性”だと思う有名人! 3位「HIKAKIN」、2位「櫻井翔」では、1位は?
「さすがカリスマ」YouTuberヒカル、渋谷のTSUTAYAをジャック! 想定外の規模感に「これが…本気ってやつか」と驚きの声
「日本一のYouTuberになる」宣言のヒカル、書籍の売れ筋ランキングで羽生結弦を抑えて1位に君臨

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も