ファミマの「コンビニエンスウェア」から秋色が発売! アクセントカラーのソックスがおすすめ

ファミリーマートのオリジナルブランド「コンビニエンスウェア」に、秋の新商品が登場しました。人気のソックスはアクセントカラーが素敵です。「紳士リブソックス」と「婦人クルーソックス」の色合いやはき心地をご紹介します。

ファミリーマート「コンビニエンスウェア」の「紳士リブソックス」(上)と「婦人クルーソックス」(下)。画像は全て筆者撮影

ファミリーマート(以下、ファミマ)のオリジナルブランド「コンビニエンスウェア」から秋の新商品が発売になっています。人気のソックスにはアクセントカラーが登場。「紳士リブソックス」と「婦人クルーソックス」の色合いやはき心地を紹介していきましょう。

 

「紳士リブソックス」はエメラルドブルーがキレイ

「紳士リブソックス」のエメラルドブルー

メンズ向けのソックス「紳士リブソックス」は、サックスブルー、あかね、チョコレート、そしてエメラルドブルーが発売になりました。エメラルドブルーは再販で、人気の高さが見受けられます。今回はこの人気色であるエメラルドブルーを購入しました。派手な色合いではなく、落ち着いた深みのある青です。

 

「紳士リブソックス」は少し長さがあるタイプ

「紳士リブソックス」は少し長さがあるタイプです。全体がリブになっていて、足にフィットします。

 

足に程よくフィットする

生地自体に厚みはあまりありません。例えば「コンビニエンスウェア」の「ラインソックス」は少し厚手になっているのですが、それとは違った生地です。

 

足底は鹿の子編み仕様

足底に特徴があって、鹿(か)の子編み仕様になっています。これは通気性をよくするためですね。
 

つま先とかかとは補強糸を使用し耐久性が高められています。抗菌防臭効果があるのは、これまでのソックスと同じです。サイズは25-28cmで、価格は429円(税込)です。

 

クシュっとさせてはきたい「婦人クルーソックス」

「婦人クルーソックス」のシナモン

「婦人クルーソックス」は、模様がないタイプの靴下です。

 

模様がないタイプ

筆者が購入したのはシナモンというカラー。他にサンドベージュ、すみれ、あかがあります。

 

やわらかい生地で、足を包み込んでくれます

婦人クルーソックスは、生地が柔らかいです。素材は綿、ポリエステル、その他と書かれていますが、足を入れると優しく包み込まれるような感じです。

 

つま先とかかとは補強糸を使用

つま先とかかとは補強糸が使われていて、ほころぶのを防止することができそう。

 

少しクシュっとさせてはきたい

ただ、伸ばしてはくと足が太く見える長さになってしまうので、クシュっとさせた方がかわいいです。サイズは22-25cmで、価格は429円(税込)です。

 

ブラックベースの「ラインソックス」も再販

「ラインソックス」のコンビニブラックが再販

ファミマのイメージカラーを使用した「ラインソックス」からは、「コンビニブラック」が再販されています。実は筆者の夫も愛用しています。足底が厚手のパイル編みになっていて、はき心地がよいのだそうです。サイズは22-25cm、25-28cmで価格は429円(税込)です。

ファミマの「コンビニエンスウェア」からは、ソックスの他にボクサーパンツ、トランクス、長袖アウターTシャツ、はっ水折りたたみ傘が発売になっています。素材や使い心地にこだわったファミマのオリジナルブランドの商品です。皆さんなら、どれを使いますか?
 

【おすすめ記事】
ファミマが衣料品「コンビニエンスウェア」を発売! 着心地はどんな感じ?
ファミマのソックスが700万足突破! 何がそんなに良いのか? 人気の「ラインソックス」で考えてみた
SNSでも話題、ファミマの「ラインソックス」が100万足突破! 新色「コンビニブラック」を履いてみた
ファミマの「am/pmカラー」「ファミマカラー」の「ラインソックス」が話題! 使って欲しい4つの理由
週5で通う「ファミマ大好き家族」が厳選! 2021年にファミリーマートで買って良かったもの3選

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは