HiHi Jets高橋優斗が横浜スタジアムでセレモニアルピッチ! 「絶対に横浜優勝!」背番号は「8181」

ジャニーズJr.内のユニット、HiHi Jetsの高橋優斗さんが横浜スタジアムでセレモニアルピッチを務めました。「生まれも育ちも横浜」の高橋さんは横浜DeNAベイスターズの熱烈なファン。背番号「8181」の特別ユニフォームでマウンドに上がり、森敬斗選手から空振りを奪いました。

ジャニーズJr.内のユニット「HiHi Jets」の高橋優斗さん(※)が9月12日、横浜スタジアムで横浜DeNAベイスターズ対東京ヤクルトスワローズ戦のセレモニアルピッチを務めました。
 

「生まれも育ちも横浜」の高橋さんは熱烈なベイスターズファン。背番号「8181」の特別ユニフォームを着てマウンドに上がり、高めの速球で森敬斗選手から空振りを奪いました(※高=はしごだか)。※画像は筆者撮影、一部提供
 

「今年のベイスターズは違う!」ファンを盛り上げマウンドへ

見事ノーバン投球をみせた高橋優斗さん
見事ノーバン投球を披露した高橋優斗さん (C)YDB

少年野球をやっていて、子どものころからベイスターズファンだという高橋さん。「僕は生まれてからまだベイスターズの優勝を見ていません。でも皆さん、今年は違いますよね!」と来場したファンを盛り上げてマウンドへ。
 

美しいフォームからやや高めの速球を繰り出し、ノーバンでキャッチャーをつとめた関根大気選手のミットへ。見事、打者・森敬斗選手から空振りを奪うと、場内は大きな拍手に包まれました。
 

「HiHi Jets」を背負ってセレモニアルピッチへ

背番号は「8181」

投球後に報道陣の取材に応じた高橋さんは「夢みたいでした」と興奮冷めやらぬ様子。「HiHi Jetsを背負って投げました」と、特別ユニフォームの背番号を見せてくれました。
 

投球前にはブルペンで山崎康晃投手(※)が練習を見てくれたとのこと。「ほぼ言うことはない」と褒められたうえで、「ストライクゾーンを小さく絞るのではなく、的を大きくして投げたほうがリラックスできますよ」とアドバイスをもらったことを明かしました。(※崎=大は立)
 

また、以前出演したプロ野球応援番組で、上茶谷大河投手を激推しした高橋さんは、打撃練習をしているところに遭遇し「(先発ローテーション)中3日はないですよー」と声をかけられたそう。「何で打撃フォームをそんなに変えるんですか」と質問を投げかけると「相手投手に合わせて変えています」との回答を得たとのことで、「大好きな上茶谷選手、モノマネしてるだけじゃなかったんです」と、満面の笑みを浮かべました。
 

自身のピッチングは「75点」あとの25点は「横浜優勝!」

フォトセッションに応える高橋優斗さん

自身のピッチングに対し「点数をつけるなら?」と問われた高橋さんは「75点!」とまずまずの評価。「リラックスして投球できたので。あとの25点は……、横浜優勝! ベイスターズファンの心はひとつだと思います。今年は絶対に優勝していただきたい!」と、力を込めました。
 

高橋さんは、この後、「ズッバーン!NICE!PITCHING」(2回裏終了時)、「三菱電機 presents ドッカーン!FLYCATCH」(3回裏終了時)にも登場し、ファンを沸かせました。
 

横浜DeNAベイスターズは7-1で首位ヤクルトに勝利。試合後に雨の中、高橋優斗さんが再び姿を現し、「ビクトリーセレブレーション!」の掛け声で花火が打ち上げられました。

 

【おすすめ記事】

「実は高学歴」と知って驚いたジャニーズ 3位 櫻井翔(慶應)、2位 中丸雄一(早稲田)、1位は?
「最も演技が上手い歴代ジャニーズ」ランキング! 3位 草彅剛、2位 岡田准一を抑えた1位は?
「一番歌が上手い歴代ジャニーズ」ランキング! 3位 木村拓哉、2位 堂本剛、栄えある1位は?
絵馬に願いを記して応援! ありあけ「横浜DeNAベイスターズ ムーンガレット☆希望の星」販売中
横浜スタジアムの楽しみは野球観戦だけじゃない! 充実の球場グルメを味わおう
横浜スタジアムでの感動を再び! 東京五輪記念品の展示がスタート
横浜スタジアム内に「ハマスタキッチン」オープン! 第1弾メニューは牧秀悟選手プロデュース丼

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在