横浜スタジアムでの感動を再び! 東京五輪記念品の展示がスタート

横浜スタジアムでは、3月23日から東京五輪記念品の展示がスタート。東京五輪で野球とソフトボールのメイン会場となった横浜スタジアムでは、どちらも日本が金メダルを獲得しました。横浜での感動や興奮をあらためて感じられるスポットの誕生です。

横浜スタジアムでは、3月23日から東京五輪記念品の展示がスタート。東京五輪で野球とソフトボールのメイン会場となった横浜スタジアムでは、どちらも日本が金メダルを獲得しました。横浜での感動や興奮をあらためて感じられるスポットの誕生です(画像はすべて筆者撮影)。
 

日本球界の“聖地”となった横浜スタジアム

日本球界の“聖地”となった横浜スタジアム
日本球界の“聖地”となった横浜スタジアム


東京五輪で野球・ソフトボールのメイン会場となった横浜スタジアムでは、野球は決勝を含む15試合、ソフトボールは決勝を含む11試合が行われました。どちらも日本が金メダルを獲得し、横浜スタジアムは日本球界の“聖地”となりました。
 

この貴重な出来事を後世に引き継いでいくため、横浜スタジアムに大会の記念品を展示し、大会の内容を記録した銘板設置と記念品を展示することに。
 

歓喜の瞬間を記録した銘板

壁面に設置された銘板


銘板(=プレート)は「関内駅南口」交差点から入って正面のエレベーター横壁面に設置。
 

野球、ソフトボールともに、金メダルが決定した歓喜の瞬間をとらえた写真と大会決勝戦に関する記録が記してあります。銘板面は約1m×1.5mでいつでも見られます。
 

サイン入りユニフォームなどの記念品を展示

サイン入りユニフォームなどの記念品を展示


野球・ソフトボール代表選手のサイン入りユニフォームをはじめ、実際に試合で使用されたベース、ソフトボール日本代表の上野由岐子選手が決勝で座っていたシートなどが展示されています。
 

サイン入りユニフォームなどの記念品を展示


こちらは毎日7:00~19:00まで(プロ野球開催日<ナイター>は試合終了後1時間<最大22:30>まで)見られます。
 

横浜市の担当者は「横浜での感動や興奮をあらためて、皆さまに感じていただきたく、ぜひご覧ください」とコメントしています。終了期限は設けず、当面の間は見られる予定となっています。横浜公園に訪れた際にじっくりとご覧ください。

 

【関連記事】

『鎌倉殿の13人』大河ドラマ館が鎌倉にオープン! 鎌倉幕府のジオラマや“武衛”になれるフォトスポットも
現存する日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」がミュージアムとして再出発! ファンドで資金を募集
「横浜赤レンガ倉庫」が5月から大規模改修工事で長期休館に! 恒例イベントは開催予定
横浜「動く実物大ガンダム」展示期間が1年間延長に! 「こいつ、まだ動くぞ!」
横浜・みなとみらいに「プラネタリアYOKOHAMA」が3月24日にオープン! 宇宙空間での撮影もOK
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化