絵馬に願いを記して応援! ありあけ「横浜DeNAベイスターズ ムーンガレット☆希望の星」販売中

横濱ハーバーでおなじみの「ありあけ」では、「横浜DeNAベイスターズ ムーンガレット☆希望の星」をプロ野球シーズン終了までの10月まで販売。横浜DeNAベイスターズを応援する木製絵馬がついており、その絵馬に願いを記し、ありあけ本館ハーバーズムーン本店などに設置されている「絵馬かけ台」に掲げることができます。

横濱ハーバーでおなじみの「ありあけ」では、「横浜DeNAベイスターズ ムーンガレット☆希望の星」をプロ野球シーズン終了までの10月まで販売予定。横浜DeNAベイスターズの復活・優勝への願いを込めた、特別パッケージのお菓子です(画像はすべて筆者撮影)。
 

願い菓子「ムーンガレット」について

ハーバーズ ムーン ガレット(税込162円)
ハーバーズムーンガレット(税込162円)


2020年に誕生した「ハーバーズムーンガレット」は、港町横浜を見守り続ける“月”に想いを馳せた「願い菓子」をコンセプトとしたお菓子です。
 

ほんのりとしょう油が香るお餅をごま・くるみとともにガレット生地でたっぷり包み、焼き上げてあります。日本伝統のハレの食べもの「餅」と、西洋の「ガレット」を織り交ぜて生まれた、もっちり&ザクッとした新食感と、口に広がる香ばしい風味が好評を博しています。
 

横浜DeNAベイスターズの復活・優勝への願いを込めて

横浜DeNAベイスターズ ムーンガレット☆希望の星(税込1200円)
横浜DeNAベイスターズ ムーンガレット☆希望の星(税込1200円)


横浜DeNAベイスターズの2022年シーズンスローガンは「横浜反撃」。ムーンガレットのコンセプトモチーフである「たまくすの木」の、困難にめげずに立ち上がる姿と重ね合わせて「横浜DeNAベイスターズ ムーンガレット☆希望の星」が企画されました。
 

「たまくすの木」とは、横浜開港資料館の庭で生き続けている、樹齢300年といわれる樹木。ペリー提督横浜上陸を描いた横浜絵に登場し、日本の夜明けに立ち会いました。1923年の関東大震災で一度焼失するも、見事復活を果たしています。
 

「玉楠(たまくす)の木」のモニュメント
「玉楠(たまくす)の木」のモニュメント


そんな「たまくすの木」は、一度は消え、2001年に復活を果たした「ありあけハーバー」にとってシンボルのような存在。横浜スタジアムの近くにある、ありあけ本館ハーバーズムーン本店の前には「玉楠(たまくす)の木」のモニュメントが設置されているほどです。
 

木製絵馬に願いをかけよう!

木製絵馬付き
木製絵馬付き


「横浜DeNAベイスターズ ムーンガレット☆希望の星」は、青いだるまをモチーフにデザインした特別パッケージで、ファンが願いを記せる木製絵馬がついています。
 

プリント柄ベイスターズ仕様
表面にベイスターズロゴをデザイン


ありあけ本館ハーバーズムーン本店、ハーバースタジオ横浜ハンマーヘッド店には、願いを記した絵馬を掲げる「絵馬かけ台」が設置されています。シーズン中、ハマスタに応援に行く途中に、ここで願いをかけてみては。
 

絵馬かけ台
絵馬かけ台

 

「横浜DeNAベイスターズムーンガレット☆希望の星」情報

・販売期間:販売中~2022年10月(予定)
・税込価格:1200円(4個入、木製絵馬付き)
・販売店舗:ありあけ直営店、百貨店、量販店、ありあけオンラインショップ、ありあけ取扱店など
・URL:ありあけ
 

【おすすめ記事】
朝ドラ『ちむどんどん』ロゴ入り! ありあけハーバー新商品「笑顔さんさん」は沖縄産パイナップルと黒糖使用
横浜スタジアムの楽しみは野球観戦だけじゃない! 充実の球場グルメを味わおう
スイーツを食べてウクライナ支援! ありあけ&レ・ザンジュでウクライナハニー使用のプリン&ロールケーキ発売
「ガーデンネックレス横浜2022」開幕! 3~6月まで横浜の街を彩るフラワーリレーを満喫
『鎌倉殿の13人』ロゴ入り「ありあけ 侍ハーバー 勝栗抹茶」発売! 抹茶餡の中に抹茶黒蜜がとろり

Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    東京は“日本一貧しい”街。それでも地元に帰らず「家賃9万円」のために働く元タレント・32歳女性の今

  • 世界を知れば日本が見える

    トラブル続きの「ブッキングドットコム」。大規模クレカ被害はなぜ起きた? 利用者ができる「対策」とは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    グリーン車の利用価値は上がる? 東海道新幹線で「モバイルオーダーサービス」を使ってみた

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『翔んで埼玉』続編はなぜこんなに笑えるのか。埼玉県民、滋賀県民の熱狂を生んだ「発明」とは