横浜銘菓でおなじみの「ありあけ 横濱ハーバー」から新商品「侍ハーバー 勝栗抹茶」が12月20日から発売。2022年1月から放送開始予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のロゴが入った商品で、タイトルにちなんで厳選した13の素材を使用しています。どんな味なのか、発売日の12月20日にさっそく食べてみました(画像はすべて筆者撮影)。

 

ありあけ「侍ハーバー 勝栗抹茶」2022年大河ドラマに合わせて発売

ありあけ「侍ハーバー 勝栗抹茶」(単品税込194円、6個入税込1166円)
ありあけ「侍ハーバー 勝栗抹茶」(単品税込194円、6個入税込1166円)


新商品の「侍ハーバー 勝栗抹茶」は、2022年1月から放送開始予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のロゴライセンス商品。12月20日から2022年12月末(予定)までの期間限定販売です。
 

『鎌倉殿の13人』は、神奈川県鎌倉市が主舞台となることから、鎌倉時代にはじまったとされる抹茶文化をイメージし、カステラ生地、餡、蜜、すべてに宇治抹茶を使用しています。
 

また、日本の伝統保存食である「かち栗」は、「勝ち」につながる縁起物であることから武将の士気を高めるために出陣前などに食されていたもの。自家製餡には栗の甘露煮が、商品名には「勝栗」が入っています。
 

「縁起菓子」としてお祝い事にも使えそうです。
 

タイトルにちなみ「13」の厳選素材を使用

侍ハーバー 勝栗抹茶 中身

ドラマのタイトルにちなみ、13種類の厳選素材を使用しているのも特徴です。

・宇治抹茶
・栗甘露煮
・イチョウ葉エキス
・小麦粉
・砂糖
・バター
・生クリーム(北海道産)
・白あん
・卵
・希少糖
・寒天
・黒糖(沖縄産)
・水あめ


中でも「イチョウ葉エキス」は、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝ゆかりの鶴岡八幡宮にあった大イチョウを連想させます。

 

餡の中から抹茶黒蜜がとろりと!

中から抹茶黒蜜がとろりと


実際に食べてみると、ひと口目からしっかりと抹茶の風味を感じます。しっとりしたカステラ生地は「ハーバー」ならでは。カットされた栗の甘露煮がところどころに入っていて、アクセントになっています。
 

餡の中には抹茶黒蜜が隠れていてビックリ。そこだけしっかり甘いので、濃く淹れた日本茶とよく合います。1個でさまざまな食感と甘さが楽しめる、新たな「和」の味わいのハーバーです。

 

パッケージは北条氏の家紋「三つ鱗」をイメージ

侍ハーバー 勝栗抹茶 パッケージ


パッケージは北条氏の家紋「三つ鱗」をイメージした柄に、武人画師・こうじょう雅之さんが描いた北条義時(ほうじょう よしとき)のイラストがダイナミックにデザインされています。
 

金文字で「SAMURAI」と入っているのもカッコイイ!
 

侍ハーバー 勝栗抹茶 個包装


ちなみに北条義時は鎌倉幕府の第2代執権で、ドラマでは主役として小栗旬さんがつとめます。源頼朝に仕える13人の家臣団のひとりであった義時が、どのようにして鎌倉幕府の頂点にのぼりつめるのか……、侍ハーバーを食べながらストーリーを見守りたいと思います。

 

「侍ハーバー 勝栗抹茶」商品情報

販売期間:2021年12月20日~2022年12月末(予定)
税込価格:単品194円、6個入1166円
販売店舗:ありあけ直営店、ありあけオンラインショップ、ありあけ取扱店ほか
URL:ありあけ

 

【おすすめ記事】

ありあけ「台湾カステラ」がじわじわ人気! パイナップルをなぜ入れたのか、担当者に聞いてみた!

かわいすぎる「クルミッ子」缶にスイートピンクが登場! バレンタイン、ホワイトデーにおすすめ

かまくらカスターのあの味がプリンに!? 新たな鎌倉土産「かまくらカスタープリン」とは

横浜に行きたいけど行きづらい東京都民に朗報! 京急線品川駅のホームに横浜土産の自動販売機が爆誕(一部店舗を入れ替え、2022年1月11日まで営業)

秦基博、15周年記念コンサートで横浜と“おいしい”コラボ! もっチャーハン、コラボスイーツ登場(秦 基博 15th Anniversaryコラボハーバー発売)