業務スーパー、お買い得まみれの「総力祭」第1弾も後半戦! 業スーマニアが激推しする注目の4アイテムとは

業務スーパーで9月、10月と2カ月にわたるセール「お買い得まみれ!! 2022年・秋 総力祭」が開催中。今回は業務スーパーマニアの筆者が「総力祭 第1弾」でおすすめしたい注目の4商品を紹介していきます。

業務スーパーの「お買い得まみれ!! 2022年・秋 総力祭」のチラシ(栃木県版)(画像は全て筆者撮影)

業務スーパーで「お買い得まみれ!! 2022年・秋 総力祭」が行われています。9月、10月と2カ月にわたるセールですが、9月の第1弾と10月の第2弾ではセール商品に違いが出ることも。業務スーパーマニアの筆者が「総力祭 第1弾」で激推ししたい4つの商品を紹介していきます。

 

「さばフレーク」

「さばフレーク」

業務スーパーはごはんにかけるタイプのおかずの種類が豊富で、とてもおいしいこともあって大人気です。その中で「総力祭 第1弾」のセール対象となっているのが「さばフレーク」。業務スーパーを運営する神戸物産のグループ会社「宮城製粉」が国内で製造している商品です。

 

臭みがないから食べやすい

さばがフレーク状になっているので、そのままごはんにかけるだけ。さばの小骨や皮が入っていることもあるようですが、やわらかくなっているのでほとんど気付きません。少し甘みもありますが、どちらかというと塩気を感じます。さば特有の臭みもなく、パスタなどにも合わせやすいですよ。130g入りで192円(税込、以下同)です。

 

「大盛ミートソース」

「大盛ミートソース」

一般的なスーパーでもミートソースは売られていますが、業務スーパーはコスパがよいです。1袋の量は170gで、1人前として多すぎず少なすぎず、ちょうどよい量だと思います。一度で使い切れるのもありがたい点ですね。

 

ひき肉多め

ひき肉も多めに入っていますよ。スパゲティだけではなく、ドリアやピザにも使えるので、まとめ買いもおすすめ。3袋で192円です。1袋あたり64円はお手頃価格ですね。

 

「冷凍青ねぎ」

「冷凍青ねぎ」

野菜は季節によって価格が大きく変わることが多いので、冷凍野菜は家計の救世主です。賞味期限も長いですし、すでにカットされていることもあって、使い勝手もよいですよね。

 

細かくカットされていて、さっと使える

「冷凍青ねぎ」も細かくカットされているので、そのままお味噌汁に入れたり、炒めたりと手軽。

 

卵と炒めただけでもおいしいおかずになる

写真は卵と炒めただけですが、これだけでちょっとしたおかずになってしまいます。「冷凍青ねぎ」は500g入って170円です。一度開封すると密封ができないので、フリーザーバッグなどに移し替えると使いやすいですよ。

 

「さば竜田揚げ」

「さば竜田揚げ」

自分で油で揚げる必要はありますが、下味や衣が付いているので作業はとても楽。竜田揚げは下準備に時間や手間がかかりますので、それがないのは、かなりの負担軽減になります。

調理した「さば竜田揚げ」。小骨や皮も気にならない

油で揚げた後は、小骨などは気になりませんでした。全体的にカリッと揚がるので、皮もそのまま食べられます。筆者は一度に全部揚げてしまって、冷凍保存をしています。そうするとお弁当のおかずにしやすいです。「さば竜田揚げ」は500g入って386円です。
 

今回は、業務スーパーが大好きな筆者独自の視点でおすすめ商品を4つ紹介しました。「お買い得まみれ!! 2022年・秋 総力祭」には、他にもお買い得商品があります。チラシも出ているので、チェックしながら何を買うのか考えるのも楽しいものですよ。
 

【おすすめ記事】
業務スーパーの保冷バッグは「大容量」「しっかり保冷」「かわいい」の三拍子そろった優れもの
好きなだけ召し上がれ!「業務スーパー」冷凍フライドポテトなら1キロ食べても300円以下
業務スーパーの「ミューズリー」を実食! たっぷりフルーツとオーツ麦入りで食べ応えあり
業務スーパーのコスパ最強「1kgサラダ」が想像以上にすごい…! 初挑戦するならこの3つ
業務スーパーの「チョコレートビス」は「アルフォート」に似てる!? 味や食感、サイズの違いは?
 

【関連リンク】
業務スーパー
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化