業務スーパーのコスパ最強「1kgサラダ」が想像以上にすごい…! 初挑戦するならこの3つ

業務スーパーにある1kg入りのサラダ、みなさんはご存知でしょうか。かなり存在感があるというか、買うのをためらうほどの量です。コンビニなどで見かけるサラダは100g程度入っている小ぶりのパッケージですが、業務スーパーは違います。

業務スーパーの1kg入りのサラダ(筆者撮影)

業務スーパーにある1kg入りのサラダ、みなさんはご存知でしょうか。かなり存在感があるというか、買うのをためらうほどの量です。コンビニなどで見かけるサラダは100g程度入っている小ぶりのパッケージですが、業務スーパーは違います。

買ったのはいいけれど、食べきれるのか?味は?など考えてしまい、なかなか手出しができないのも事実。でも実際に買ってみると、思いのほか美味しくて、減りが早いことに気づきました。いくつか種類があるうち、筆者が特におすすめするのはこの3つのサラダです。
 

1. ポテトサラダ

ポテトサラダ(筆者撮影)

定番中の定番のサラダです。ポテトサラダは水気が少ないので、お弁当にも最適。筆者も子どものお弁当によく使っていました。

じゃがいものゴロゴロ感(筆者撮影)

業務用なので、レストランなどの付け合わせにあるサラダをイメージしてしまいますが、じゃがいもが完全に潰れていなくて、ちょっと形が残っています。個人的には「具材感」があって好きですね。

キャベツのトッピングに(筆者撮影)

味はマヨネーズよりもマスタードがきいていると感じました。そのままで食べてもいいのですが、ちょっと味が濃いめなのでキャベツやレタスのトッピングにしてもいいかなと思います。お値段は348円(税抜)。安くても100gあたり100円程度が一般的なので、1kgでこの値段は破格としか言いようがありません。
 

2. 春雨サラダ

春雨サラダ(筆者撮影)

筆者の娘が春雨サラダが好きなので、他のメーカーのものをお弁当に入れたり、夕ご飯のおかずとして出したりしていました。でも1パックに80gで120円くらいするので、正直コスパは良くありません。そこで業務スーパーの春雨サラダに変更。こちらは1kgで328円(税抜)です。

歯応えがある春雨(筆者撮影)

春雨はつるんとしていますが、しっかりと歯応えがあります。味はちょっとしょっぱいなと思いました。そのままで食べるというよりは、野菜をプラスしたりするのがいいのかもしれません。

キャベツと一緒に(筆者撮影)

筆者は千切りキャベツのトッピングとして食べるのが好きです。それと水分があるので、一度開封をしたらタッパーなどに移し替えておくと使いやすいです。
 

3. ゴボウサラダ

ゴボウサラダ(筆者撮影)

ゴボウサラダは、他のサラダと比べてもちょっと値段が高めです。これは業務スーパーだけではなく、他のメーカーでも言えること。100gで換算すると150円程度になるかもしれません。でも業務スーパーは、いくら高いと言っても1kgで398円(税抜)。まだまだ安いと言えますよね。

ちょっとピリ辛(筆者撮影)

味はちょっとピリ辛です。筆者がこれまで食べていたごぼうサラダは、マヨネーズの味は強いのですが、ここまで辛くはありませんでした。

キャベツの上に(筆者撮影)

辛いのが苦手な筆者としては、単独で食べるのはちょっと難しいので、他の野菜と一緒に食べたりしています。それとゴボウの歯応えがあるので、「ああ、ゴボウを食べているな」という気持ちになります。


業務スーパーの1kg入りのサラダは、コスパが最高にいいだけではなく、国内にある業務スーパーの関連会社が製造しているという魅力もあります。安心安全、そしてお財布にも優しいのだから、言うことなしです。このシリーズ、他にも種類があるので試してみてもいいかもしれませんね。


【おすすめ記事】

味もコスパも優秀! 野菜にかけたい業務スーパーのアイテム4つ

やばいぞ! 素朴な味すぎて手が止まらない業務スーパーのお菓子3つ

業務スーパーのエコバッグに「ピンク」登場!3色持ちたい可愛らしさ

ファミマの新作メロンパンとカレーパン。値段を疑うほどの高級感!

カルディの人気商品「カズチー」がお菓子に! 今度はどんな味?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応