業務スーパーの「ミルクチョコレートビス」(上)と「ダークチョコレートビス」(下)(画像は全て筆者撮影)

業務スーパーは、常に目新しい商品を入荷していて、他のスーパーでは見かけることがないような商品も並びます。その1つが「チョコレートビス」。ブルボンの「アルフォート」に似ているとの噂もあるお菓子です。今回は「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」の2つをレビューし、さらに「アルフォート」と比較していきます。
 

業務スーパーの「チョコレートビス」の内容量やカロリー

1枚あたりのカロリーは「ダークチョコレートビス」が56kcal(上)、「ミルクチョコレートビス」が55kcal(下)

「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」は、それぞれ9枚入りです。個包装ではないので、開封したら早めに食べた方が良さそうですね。
 

1枚あたりのカロリーは、「ミルクチョコレートビス」が55kcal、「ダークチョコレートビス」が56kcal。チョコレート菓子としてはちょっと低めかもしれませんね。
 

チョコレートの味に違いがある

「ミルクチョコレートビス」(右)は程よい甘さ、「ダークチョコレートビス」(左)は苦味がある

「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」は、チョコレートの味に違いがあります。「ミルクチョコレートビス」は程よい甘さですが、「ダークチョコレートビス」は苦味があります。好みが分かれるところでしょうけれど、ミルクは万人向けの味、ダークはちょっと大人向けと言えそうです。
 

ビスケットはサクサク

サクサクのビスケット


チョコレートの裏にはビスケットがあります。チョコレートと一緒に食べるので味は強調されませんが、サクサクとした食感はとても良いです。むしろチョコレートと一緒だからこそ、ビスケットにチョコレートが絡んでおいしいんですよね。
 

ブルボンの「アルフォート」と比較してみる

ブルボンの「アルフォート」

「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」は、ブルボンの「アルフォート」に似ていると言われています。実際に比べるために、1箱に12枚入っている「アルフォート」を使います。まずサイズに大きな違いがありました。
 
サイズがかなり違う

「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」の方がかなり大きいです。「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」は一口で食べるのは難しいですが、「アルフォート」は一口サイズ。
 
ビスケットの違い

ビスケットにも大きな違いがあります。「チョコレートビス」は「アルフォート」の2倍近くあるでしょうか。
 
「アルフォート」のビスケットに膨らみが見られる

特にビスケットの部分の膨らみが違い、「アルフォート」の方が丸みを帯びています。味に関しては、「アルフォート」がミルクチョコレートを使っていることもあり、業務スーパーの「ミルクチョコレートビス」の方に近いです。ビスケットのサクサクとした食感もほぼ同じでた。
 

価格の違いは?

「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」の価格は、各111円(税込)。「アルフォート」は100円前後です(お店によって異なります)。1枚の大きさや枚数を比較してみると、業務スーパーの「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」の方が内容量は多くなり、コスパも良くなるのではないでしょうか。

業務スーパーの「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」はコスパも良くて、おいしいお菓子です。ただし、お店によっては取り扱いがない場合もあるので、その点は注意が必要です。

さらにこれからの季節は気温が高くなることもあり、冷蔵庫で保管するなどの工夫をしていきましょう。そうすることでヒンヤリの美味しい「チョコレートビス」が食べられそうです。


【おすすめ記事】
業務スーパーの「トリオチョコ バタービスケット」はサクサク食感が最高! 食べ過ぎ注意のおいしさ
業務スーパーの「ミューズリー」を実食! たっぷりフルーツとオーツ麦入りで食べ応えあり
ネスレが提案する「ミロ ラテ」が想像以上のおいしさ! 朝食にぴったりな健康ラテの作り方とは?
【徹底比較】コンビニ各社の「食パン」の違いは何? 4社のオリジナル食パンを食べ比べてみた!
カルディの「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」が2022年も発売! 「ほろ苦感」がたまらない