カルディの「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」が2022年も発売! ボリュームたっぷりで「ほろ苦感」がたまらない

カルディの「キリマンジャロ コーヒーゼリー」が、2022年も発売。ボリュームたっぷりな上にコーヒーの苦味が味わえる、コーヒー専門店のカルディだからこそのおいしさです!

カルディの「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」(画像は全て筆者撮影)


2021年の発売後、SNSなどで話題になっていたカルディコーヒーファーム(以下、カルディ)の人気商品「キリマンジャロコーヒー」。2022年はブレンドが「モカ」になり、新発売しています。ボリュームたっぷりな上に、コーヒーの苦味が味わえる、まさにコーヒー専門店だからこそのおいしさです!
 

「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」の中身は?

コーヒーゼリーとコーヒーフレッシュ、コーヒーシュガーのセット

「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」は、コーヒーゼリーとコーヒーフレッシュ、コーヒーシュガーのセットです。内容量は205gで、一般的なカップのコーヒーゼリーもかなり量が多くなっています。これ1つ食べると、おなかもかなり満たされるのでは?
 

お皿に移して食べる

お皿に移して食べるのがおすすめ

コーヒーゼリーはカップのまま食べることもできますが、お皿に移すのがおすすめ。せっかくコーヒーフレッシュとコーヒーシュガーがセットになっているので、上からかけたいですよね。底部分に空気穴がないので、お皿に移す場合にはスプーンなどを使って、側面から空気を入れるとツルンと取れますよ。
 

コーヒーフレッシュがタラ〜リ

コーヒーゼリーには苦味がありますが、よりコーヒーを味わいたいならば、何もかけずにそのまま食べるのもおすすめ。砂糖が含まれているので、ちょっぴり甘味もあります。
 
コーヒーフレッシュをかける


コーヒーフレッシュとコーヒーシュガーをかけると、また違った味わいになります。苦味だけではなく、クリームのマイルドさが加わります。
 

筆者は普段はコーヒーフレッシュやコーヒーシュガーは使わないのですが、量が多い「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」に関しては、最初はそのままで食べて、途中から味変のためにかけて食べています。
 

コーヒーフレッシュがタラリ


コーヒーフレッシュがタラリと垂れるので、見るからにおいしそうです。
 

時間さで食べるのもアリ

コーヒーシュガーをかけた直後

コーヒーシュガーをかけた場合、すぐに食べるのか、それとも少し時間をおいてから食べるのかで、コーヒーシュガーの食感が違ってきます。すぐに食べるとコーヒーシュガーのザラッとした舌触りがありますが、時間の経過とともにコーヒーシュガーが溶けてきて、とろりとした食感になるのです。
 
コーヒーシュガーがゆっくり溶けていく


両方を味わいたいなら、ゆっくり食べるのがおすすめです。
 

「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」は、1個297円(税込)。本格的なコーヒーゼリーを味わうチャンスです。2021年はすぐに完売してしまったので、早めにゲットした方が良さそうですよ。


【おすすめ記事】
カルディ「塗って焼いたらメロンパン」新発売! いつもの食パンが「メロンパン」に大変身
桃好きが大満足! カルディ「ピーチエードベース」はアレンジ自在な濃縮桃ドリンク
カルディの新デザイン「水出しドリンクボトル」はお値段以上に満足度が高い!
カルディの「香草チーズパン粉」は常備したい調味料! まぶして焼くだけでプロの味
業務スーパーの「トリオチョコ バタービスケット」はサクサク食感が最高! 食べ過ぎ注意のおいしさ

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も